年末調整で直面する「あなたとの続柄」の書き方とは・・・

今年も早いもので年末調整の季節!

そこで誰もが悩み検索したくなるのが・・・

あなたとの続柄

今年は自分の場合、自分自身が世帯主なので本人で済む!が、そーでない人は悩んでいるはず・・・

あなたとの続柄は、

 世帯主からみた自分の続柄(本人や配偶者、子など)

そんなわけでちょっと例を書いてみる^^

世帯主:自分自身
あなたとの続柄:本人

世帯主:自分の父親
あなたとの続柄:

世帯主:自分の夫
あなたとの続柄:配偶者

などなどである。。

ちなみに続柄はこれが参考になるかと -> 続柄[wikipedia]

はじめての人にもよくわかる年末調整の仕方と1月の源泉徴収事務〈23年版〉
[amazon asin=”4539745522″ /]

届け出・申請・手続き書面の書き方ガイド (ホームロイヤーシリーズ)
[amazon asin=”4093104468″ /]

あなたとの続柄

年末調整のシーズン。
あるキーワードが、おそらく多くの人を悩ませるはず。。

あなたとの続柄

これは年末調整の書類、

給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書
給与所得者の扶養控除等の(異動)申告

で記入する項目にあるのだが、相変わらず続柄がよーわからんwww
いろいろと調べてみると・・・
 ・給与所得者の扶養控除等申告書の書き方
 ・続柄について(年末調整の書類) – 住まいのQ&A 教えて!

あなたとの続柄は、世帯主からみた自分の続柄らしい~。

つまり自分の場合は、

世帯主:父親
あなたとの続柄:子

でいいようだけど、サイトをいろいろ見ると、続柄:父で出ているのもあった・・・

・・・どっち!!?www

国税庁サイトのサンプル見ても・・・、

あなたとの続柄:本人

本人しかない!!?www

なんなんでしょうね~ 🙂