各コレログfeedを使った「コレログ・シリーズ」

自分の運用しているニュース記事収集サイト・コレログ。
これのRSS feedと「Google Feed API」を使った一覧ページを作ってみた。

★コレログ・シリーズ
 http://colle-log-info.ezic.info/

RSSフィードの使い方は奥が深くオモシロイ。
いろいろウェブ制作に応用して使っていきたいものだ。

image

2つのVPSと仮想ホームサーバー時代

自身の管理するサーバー環境が大きく変わった。

まず先月リニューアルしたのが自宅サーバー。
PCパーツを買い揃え組み直し。
OSもESXiからCentOSとVMwarePlayerの組み合わせに変更。
仮想ホームサーバー「自宅サーバー2014」となった。

次にVPS(Virtual Private Server)。
この前、さくらVPSを追加契約した。

VPSは最初はServersManから始めた。
自分のこれまでから現在までの経歴をみれば、

★VPS契約歴

 1. ServersMan@VPS Standard
  期間:2011/10/30 – 2012/09/30

 2. さくらのVPS(v3) 2G
  期間:2012/08/28 –

 3. さくらのVPS(v3) 1G
  期間:2014/07/05 –

とこんな感じだ。
ちなみに、VPSの利用料は、

 さくらのVPS(v3) 2G ・・・ 年間一括払い:16,745円(月額:1,396円)
 さくらのVPS(v3) 1G ・・・ 毎月払い:1,008

従って2台合わせて

 月額:2,404
 年間:28,848

という事になる。
コストが増加した分、つまり、これだけのコストに見合うパフォーマンスを得なければならない。
具体的には、商用利用を見据えた検討だ。
といっても、今直ぐどうこうというワケじゃないが、
より自身の運用技術も磨き、自身を高めていく契機にもしていきたい!

来年からは本格的にコンテンツ・システム制作をやっていきたいので、
今からその準備をしっかりとしていかないと!

image

追加VPS契約を前にして、

追加でVPS借りようと思う。
これはもうほぼ既定路線。

サーバー負荷分散、リスク分散にはやはり必要な投資。

ただし!!

現在のサーバーの負荷対策も同時に行う事。
更に、半年・1年を目処に追加契約の成果を上げる事。

これが前提!
ただ借りれば良しでは、堕落してしまうかもしれないので^

さて、まず負荷対策だが。
どうも、TinyTinyRSSの自サーバーにあるコンテンツfeed読み込みで思わぬ負荷を生じているみたいだ。
よって、これらを「FeedBurner」経由に全て置き換える。
そうすれば、まあ問題なかろう^多分^^

投資に対しては、明確な効果が求められる。
それを回収すべく、とにかく全力を出すことだ!^^)v

image

ウェブのアクセス数の最高更新中!

今年1月に更新したウェブサイトの1日のアクセス数を更新!

全PV:2194
ユニークユーザPV:1779

もう2,3倍増えたら、サーバーのレスポンスも落ちるかな??
それを確かめるためにもまだまだ増やさないと^^)

image

「オールインワン」な開発環境を!

まもなくWindowsXPのサポートが終わる。
それに伴い、自宅の仮想環境をUbuntuを念頭にしたLinuxの導入を検討していた。まあ、現在でもCentOSを使っているが、もっと多目的な用途に使うのに、Ubuntu辺りが一番いいかと思ってる。

来月、XPのサポートが終わるのと同じ時期?「Ubuntu 14.04 LTS Trusty Tahr」がリリース予定。
コイツはLTS版なので、サポートが2019年4月(5年間)まである。

仮想環境への導入は自宅仮想サーバーをメインに考えていたが、
デスクトップの仮想マシンへもコイツで「オールインワン」な開発環境を構築しようと検討中。

具体的には、開発に必要な全てのサーバー環境を用意し、さらにEclipseなどの開発環境も導入。
つまり、この仮想マシン1台で開発を全て賄おうとするもの。

現在の自宅開発環境は、デスクトップPC(開発元)と自宅サーバーの仮想マシン(サーバー)だが、これはどっちかが障害が発生した場合、復旧はめんどくさいし、完璧に構築しているつもりでも、多少のロストデータが出てくるような気がする・・・

それならいっそ、「VMplayer」などの仮想マシンで構築してしまえば、何かと便利だと思う。

というわけで、これはちょっと検討中~

image

サーバー高負荷の真実か!?

先月から時折続いたサーバーの高負荷。
apacheのconfの設定やcronタスクの間隔を変えたりなどいろいろ調整してきたが、
結果として改善はしたものの、解消には至らなかった・・・

その原因とも思えるものが判明した。
恐らくだが、WordPressのとある変哲もないガジェットが悪さをしている可能性が高い。
事実、それを外してから全体的なload averageの現象も低下し、
何より、ウィジェットのオンオフでレスポンスが全然違う。。

だからこれが当たりだろう。

思わぬよらぬ負荷。
ちょっとの設定変更も時として重大な自体を招くという勉強にはなったかな。。
もっとも、予てより計画している追加VPSの検討については継続予定。。。

image

image