ありがとう、マイサングラス!

先週、今までお世話になっていたマイサングラスが壊れた!!

過酷な富士登山の最中だ。。

え、サングラスが壊れるほど過酷かって?

いや、サングラスで虫を叩いたら壊れたんよ・・・><

気圧も関係している・・・!? ・・・ワケないか^

DSCN0671

【更新】富士山登山挑戦記!
 ※焼印集:表口富士宮
  http://fuji-tozan.w.ezic.info/321.html

次の一年に向けて・・・

富士山はいつから登ろうと思っただろうか・・・

写真を撮りに宝永山入り口まで行った時から?
富士山に魅入られた時から?
静岡県民として生まれた時から?

まあ、今となってはどうでもいい事だ。。

とある夢とも言えない、とある約束とも言えない
何かを語ったかつて。
確かに「いつか頂きを目指す」と誓った言葉。

その誓いの成就を、伝える事はもうないだろうが、
それでもこうしてどこかに書き留める事で、
いつか伝わる事もあるかもしれない。

登山リベンジによってようやく一つの区切りを終える事ができた。
今月迎える31の手前で達成できた事も何より。(ホントは20代ラストが良かったが^)

次は時間制限の区切りが待っている。

2014年7月が一つの区切り、になるのだと思う。

そうなるともう1年、365日もない。

実を言えば、別にそこに区切りを置く必要はない。

でも、目標を設定したら、同時に時間制限も大切だと思う。
ダラダラと過ごさないためにも。

その期限内に、いくつかやることがあるが、
一つあげるとすれば、次回の登山。

暗闇の下山中は、正直もう二度と登りたくないという思いが支配していた。

でも、別の想いもある。

剣ヶ峰とお鉢巡りができなかった事。
いろんな人に助けられ、励ましてもらった事。
何とかの及第点で、100点満点には程遠かった事。

これらを克服するために、
この一年間は鍛える必要があると思う。

そうしたいくつかの目的、目標を達成するためにも、
次の一年を過ごして行きたい。
今回の登山で、かなり困憊したが、同時に精神力もかなり鍛えられたと思う!

とりあえず、間もなく訪れる31になる前に、
目標を決めておこう!

★富士山火口
image

富士登山で苦難の末、山頂まで到達!!

先月のリベンジ(富士山山頂への初挑戦も志半ばで・・・)富士登山!

前回は7合目をちょっと登った先でリタイアしたが、
今回は何としてでも山頂を目指したかった!

なので、とりあえず前回の反省(富士登山リタイア反省と考察)を踏まえて今回を挑むことにした!

前回の地点では体調も問題なく、難なくクリア!
朝の時点から体調は前回よりも良かったので、
幸先の良さが伺えたが、残念ながら8合目に辿り着いた時点で
前回同様に高山病の症状発症!

しかし。

ここでもう立ち止まるわけにはいかなかった!

予定の時間を大幅に送れるも、
何とか山頂まで辿り着いた!!

剣ヶ峰とお鉢巡りは残念ながらできなかったが、
とりあえずは満足。

しかし、辺りはもう暗くなり始めていた。

体力も気力もない中での真っ暗な中での下山。

かなり、かな~りしんどかった・・・
ここ数年、こんなにシンドイことがなかった。。

何とか苦しい苦しい中、無事に下山した・・・

課題も残してしまったが、
少なくともこんな事じゃアルプス登山なんて絶対にできない!
本当に冗談じゃなく、登山はキケン!!

難易度の比較的低い富士山ですらそれを垣間見たので、
まあ、次回登山はもっと楽な場所?なのかな??

もっとも、何はともあれ登山家を目指すなら、
知識だけでなく、基礎体力の向上が欠かせそうにない。

ま、今回は富士山頂まで行けて良かった!、という事にしておこう^^

DSCN0284DSCN0298

DSCN0348DSCN0381

DSCN0417DSCN0455

DSCN0468DSCN0495

 

DSCN0528DSCN0542

DSCN0557DSCN0561

DSCN0576DSCN0588

 

DSCN0599

DSCN0594

 

image

富士登山リタイア反省と考察

もう一昨日になってしまったが、次回の富士山登山に向けて反省と考察をしてみる。

リタイアの最大の、というか原因は高山病。
ではなぜかかってしまったのか?

1.体質的な問題
 こればかりはどうしようもない。
 調べたが、有酸素運動が有効らしいが、根本的に高山病にならないトレーニングはないらしい。
 ただ、今回新五合目で頭痛というか違和感があった。
 3年前やそれ以前に訪れた時もそんな事はなかった。
  ※特に3年前はあばれザルを見に行った後に6合目と宝永山入り口まで行って何ともない。
 まあ年齢と共にって事も考えられるが、少なくとも現時点で体質だとは断言できそうにない。

2.水分不足
 調べると、多めに水を取るようにとあるが、自分の場合、
 前日に水を多くとってしまったため、登山直前と登山時にはそれほど多く摂取していないと思う。
 しかし、多めってどの位なのかがよくわからない。
 こま目に取ってたと思うので、多分これも問題ないと思う。

3.疲労と寝不足、運動不足
 恐らくこれらが最大の原因だと思う。
 静岡から水ヶ塚公園まで夜中運転した。
 しかも仕事の終わった後で。
 そして就寝は、車中泊で確か3:00前で起床が6:30前。
 多分4時間も寝ていない。
 だからこそ、新五合目で頭に違和感があったと思う。
 頭が痛いと感じるようになったのは6合目を出た辺りだが、
 それでも途中でアメ玉をしゃぶっていたら元気が出た。
 それで少し登山ペースがやや早まったと思うが、
 ただ単に体が一時的にそういった危険信号を感じなくなっていただけかもしれない。

 新七合目について休憩しながらビスケットを2枚食べると、
 腸の働きが活性になったのか、お腹が気持ち悪くなる。
 そのまま休憩しても症状が改善されない。
 とまあ、ここに着くまでに運動不足、体調が万全ではない事が最大の要因だったと思おう。

番外編.その日が低気圧気味?
 登山時の天気図

とにかく次回に備えて、これらを改善しなければならない!
次の失敗はしたくないから!

DSCN0205-2

AW110付属ソフト「ViewNX 2」はGPS機能を有効に使える!

昨日の富士登山は失敗だったが、とりあえずAW110で撮った写真をPCに取り込み、
付属ソフト「ViewNX 2」で確認してみた。

これを使えば、GPS情報をマップに表示でき、どの地点で撮ったのかをチェックできる!

まったく素晴らしい!

頂きを見れなかったのは素晴らしくなかったし、
手痛い洗礼も受けたが、また次是非とも行きたくなった!

image

富士山山頂への初挑戦も志半ばで・・・

今日は遂に富士山の山頂へ向けて初挑戦!

水ヶ塚公園で昨日の夜から車中泊し、
朝シャトルバスで新5合目まで向かう。

そこの標高2,400mから標高3,776mの富士山を目指すわけだが、
残念ながら、新7合目についた時点でかなり気分が優れない。。

いわゆる高山病ってやつだ。
気持ち悪い、頭痛い、体は動かないでそりゃもう大変。。

ちょっと仮眠を取ったり、
時間をおいてゆっくり登山するも叶わず、
残念ながら、標高2814m地点でリタイア・・・><

無事地上に降りてこれてホッとしている所だが、
残念ながらこれでオシマイ、とする訳にはいかなくなった。。。

次回が今年中か来年か、また次の機会か分からないが、
絶対に最高峰を拝めるようにリベンジしたい!

★登山データ
 8:43 / 新五合目(2,400m看板地点)
 9:09 / 六合目(到着)
 11:28 / 新七合目(到着)
 12:19 / 新七合目(出発)
 13:58 / リタイア(途中下山) 2,814m地点
 14:05 / 新七合目(通過)
 14:30?? / 六合目(到着)
 15:51 / 六合目(出発)
 15:59 / 新五合目(2,400m看板地点)

★水ヶ塚公園と新5合目
DSCN0090 DSCN0091

★表口より登山開始!と6合目に向かう道のり
DSCN0096 DSCN0108

★6合目と焼印
DSCN0119 DSCN0121

★新7合目に向かう道
DSCN0136DSCN0178

★新7合目の焼印(世界遺産バージョン)

DSCN0191DSCN0195

★8合目に向かう道 ・・・途中で断念><
DSCN0203DSCN0205

食事制限を検討するに辺りデータ分析!

来週から富士山に登るので、
今週末から食事制限を実施する予定。

今日からは準・食事制限期間!

なんだけど、どの程度制限すればいいか?

下に自分の摂取カロリーデータが有る。
よくこれだけとったと思う^

これによれば、今年は1日平均だと、174週に対して220Kcalも摂取している事が判明!
しかも174週に今年の27週が含まれているので、174週の平均値を上げているから、
実際にはもっと食べるようになっているわけだ!!

1日220Kcal。

ご飯に換算すると130gくらいか?

これは良くない傾向・・・><

とりあえず、準・食事制限期間は普段より300Kcal、
食事制限期間は更に300Kcal減らそう!

登山のためにも、意志力が大事だね~

★174週の平均
image

★27週の平均(2013年分)
image

【富士山登山】登山グッズを受け取った!

今日は先週購入した登山グッズを受け取った!

かつて写真撮るため6合目まで上がったが、今度は更に上を目指す!
初の頂き挑戦が世界遺産になってしまい、同時に世界遺産初挑戦にもなってしまったー

何が待ち受けているかは分からない。

でも富士山と共に在る静岡県民としてこれほどの
栄誉・挑戦はないと思う!

2013-06-23-19-14-36_deco

DSCN3562