新PC購入計画!-自宅サーバー編(HDD追加

2.5インチHDDを追加したので、
改めて自宅サーバーのスペック紹介!

 CPU:Intel Core i3 2120T BOX
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C
 HDD:HGST HTS547550A9E384 SATA 500GB 5400rpm

39,140円だったのに、
今回2.5インチHDD・6,060円が追加されて、
45,200円!

本来光学ドライブ用のSATAにHDDに付けちゃいましたが、
さすがにもうドライブ類追加するスペースないかな?(一応SATAは2ポートまだ余ってるけど。。

メモリを今の倍である16GBまで増やせばより仮想マシンを動かせる!^^)
でもさすがにそうしたらCPUパワーが気になるかな~?

次の、いやその次にでるTDP35W以下のCPU出たら、
むしろまた乗り換えようかな~?

デスクトップPCはしばらく安泰だし、
この自宅仮想サーバーも安泰だけど、
こっちの自分のスペック要求とかはまだまだいろいろ出てくるかもしれないしね~^^)b

仮想化への道![4]:ベンチマーク:仮想環境・ESXi5.0

最後のベンチマークはESXi5.0による仮想環境で!
まあリソースの割り当て次第でいろいろ変わると思うが、
大体の目安になるだろう。。
計測は「CrystalMark2004R3」「Super π」にWin7は「エクスペリエンス」で実施!

結果は、

 ・若干パフォーマンスは仮想環境で落ちるものの十分高速!
 ・Win7のほうがWinXPよりもパフォーマンスが良い!(下記参照の通り、明らかにリソースの割り方が違うので一概に評価できないが…)
 ・エクスペリエンスは仮想環境でグラフィック系の調整不足による低スコア??

てな感じで、まあ厳密な比較と言えないので参考になるか分からんが、
とりあえず今自分が必要としている環境としては十分合格!

いやはや、スゴイ!!!

■新自宅サーバー(非仮想)
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3)

ベンチマーク_エクスペリエンス(Core-i3)

■新自宅サーバー(ESXi5.0|Windows7 Pro 64bit)
 CPU:仮想ソケット数1 / ソケットあたりのコアの数4
 メモリ:4096MB
 SSD:シンプロビジョニング:30GB

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3_仮想化Win7)

ベンチマーク_エクスペリエンス(Core-i3_仮想化Win7)

■新自宅サーバー(ESXi5.0|WindowsXP Pro 32bit)
 CPU:仮想ソケット数1 / ソケットあたりのコアの数2
 メモリ:512MB
 SSD:シンプロビジョニング:10GB

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3_仮想化XP)

仮想化への道![3]:ベンチマーク:Super π

前回のベンチマークでは「CrystalMark 2004R3」でのテストだったが、今回は「Super π」による円周率計算!

結果は、やはり「Core-i3 2120T」が「Core2Duo E8400」を圧倒!
いやはや、素晴らしい!^^)

■新自宅サーバー
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3)

■現デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:EG43M-S2H
 CPU:Core2Duo E8400(3GHz|TDP65W)
 メモリ:DDR2 4GB(内OSで3GB認識)
 HDD:Hitachi HDP725050GLA360(500GB|Serial ATA300)
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_「Super π」_one(E8400)

■マイノートPC
 製品名:ThinkPad X121e
 CPU:AMD E-350(1.6GHz|TDP18W)
 メモリ:DDR3 8GB
 HDD:320GB, 7200rpm
 OS:Windows7 Pro 64bit

ベンチマーク_「Super π」_one(AMD)

■旧デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:GA-8IG1000 Pro-G
 CPU:Pentium4 3.4GHz(Northwood|TDP89W)
 メモリ:DDR 2GB?
 HDD:?
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_「Super π」_one(P4 3.4GHz)

仮想化への道![2]:ベンチマーク:CrystalMark 2004R3

購入したPC(新自宅サーバーPC)の組立が終わり、いよいよESXiを入れて仮想化!と、いきたいがその前に、「CrystalMark 2004R3」でベンチマークを測ってみることにした!
実際に過去に測ったものと比較してみると、この新自宅サーバーPCの高いパフォーマンスが浮き彫りとなった!

たがだか4万円弱のPCが、3年前の現デスクトップPC(当時8万くらいで揃えたかな?)のスペックを圧倒している!
E8400より省電の2120Tのパフォーマンスが上回り、
メモリ速度も倍以上。
さらにSSD化による3倍を超えるスピードアップ!

時代の進歩は早いもんですね!

長く使えるPCを仕立てるのもいいけど、
その時々の手頃な価格のPCを揃えるのも一つの手かもしれないと改めて思いますねー

■新自宅サーバー
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

■現デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:EG43M-S2H
 CPU:Core2Duo E8400(3GHz|TDP65W)
 メモリ:DDR2 4GB(内OSで3GB認識)
 HDD:Hitachi HDP725050GLA360(500GB|Serial ATA300)
 OS:WindowsXP Pro 32bit

image

■マイノートPC
 製品名:ThinkPad X121e
 CPU:AMD E-350(1.6GHz|TDP18W)
 メモリ:DDR3 8GB
 HDD:320GB, 7200rpm
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

■旧デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:GA-8IG1000 Pro-G
 CPU:Pentium4 3.4GHz(Northwood|TDP89W)
 メモリ:DDR 2GB?
 HDD:?
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_CrystalMark2004R3_one(P4 3.4GHz)

新PC購入計画!-自宅サーバー編

自分のデスクトップ新PC購入計画をしているが、今度は自宅サーバー(FOXCONN R11S4MI-BA奮闘記)も新しくしようと思ってます!

というのも、去年の年末の大掃除でCPUファンをやってしまったので・・・>< 実は、VPSに徐々に移行していこうと考えたが・・・

・・・方針転換!

今のAtom330からくる、省電自宅サーバーというコンセプトを捨て、ある程度高機能で高性能な自宅サーバーを用意する!

そんでもって、利用率が思ったほど上がらないServerman@VPSは、月額980円から480円プランへとダウングレードを検討する・・・(まあ、組みあがった新・自宅サーバーが安定した後に改めてそこは考えるが。。

さてさて。
肝心の新・自宅サーバーの構成は、今日3時間くらい悩んだ結果、

 CPU:Intel Core i3 2120T BOX
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C

という、しめて39,140円!
4万円サーバーですね^

コイツのポイントは、

 ・ある程度省エネを意識したAC90W電源とTDP35WのCore i3とSSD
 ・8GBメモリによるESXiでの仮想化運用を意識(運用経験値と、仮想化する運用メリット、その他のOSを入れるケースを想定
 ・2.5インチSSDを採用!(本当は3.5インチHDDにしようと思ったが、2.5インチしか使えないため、速度などを考慮した結果SSDにした

っていうとことかな^^
XH61のレビューの中でESXiを使っていた記事があったから、まあ多分使えるだろうけど、そーじゃなきゃ、そのまま使おう!(不安は、前回同様標準のネットワークアダプタのドライバがLinuxですんなりいくかどうかと、自分にとって初のSSDになるので、寿命とか耐久性とか、、かな?

実はもうついさっき、これを注文した!
だから後は届くのを待つのみ!
来週には届くかな~?楽しみ楽しみ!!

あと、今後IvyBridge登場による新デスクトップ購入に備え、インストールするOSも今回注文した!
DSP版Windows7 Professional 64bit(DSP版なのでUSB3.0のPCI-Eボード付き)

これで新デスクトップPC構築のカードも切って落とされた!
デスクトップ・自宅サーバー共に一新の年になる!!

いや、とにかくいろいろと楽しみだ!! 🙂