サーバー高負荷の真実か!?

先月から時折続いたサーバーの高負荷。
apacheのconfの設定やcronタスクの間隔を変えたりなどいろいろ調整してきたが、
結果として改善はしたものの、解消には至らなかった・・・

その原因とも思えるものが判明した。
恐らくだが、WordPressのとある変哲もないガジェットが悪さをしている可能性が高い。
事実、それを外してから全体的なload averageの現象も低下し、
何より、ウィジェットのオンオフでレスポンスが全然違う。。

だからこれが当たりだろう。

思わぬよらぬ負荷。
ちょっとの設定変更も時として重大な自体を招くという勉強にはなったかな。。
もっとも、予てより計画している追加VPSの検討については継続予定。。。

image

image

apacheの高負荷対策!

先月から度々発生しているapacheの高負荷。
load averageが30を超える現象。

原因は、apacheのプロセスが大量に作られ、スワップも全て喰い尽くす事によるが、根本的な原因がよく分からず・・・

とりあえず、httpd.confでプロセスの上限などを設定してチューニング。
ちょっとはマシになったかな??
アクセス増加に伴うある種の宿命かもしれないが、バックアップ・分散用のVPSを借りるのも検討したほうが良いだろうかね。。。

image

image

安定したウェブ体制が進歩・進化を促進できるか!?

「さくらVPS」に切り替えて1週間が過ぎた。
8月の散々だったサーバーダウンもこれで収まり、
記事更新が増加したように、安定した体制がウェブの生産性を上げている!

ただ。。

目的はもっと別にある。

記事を書くことが主たる目的じゃない。

ウェブシステムの開発だ!

9月中にもいろいろと環境をもっと揃えて、
10月から年末に向けてスパートしていきたい!!

wgetでバックアップを取得!

VPSからのバックアップは結局wget使ってhttp経由で取得!
帯域制限をかけ忘れたので、VPSリソースをみつとかなりのトラフィックが発生している!!

まあ、だからこそ夜中に実施したわけだが、
次からは帯域制限を掛けて差分を持ってこよう^^)

image

VPS、サーバーからのバックアップ取得の課題

今まで自宅サーバーだったので、サーバーのバックアップは基本サーバーからNAS上にコピーしてきたが、
VPSの場合はそこから取ってこなくちゃならない。。

いろんな方法が考えられるが、
いずれにせよかなりのトラフィック帯域を食う。。

なぜなら、圧縮したデータでも5GBを軽く超えているから・・・

まあ一回全て取った後に、差分でって話もあるが、
いずれにせよこれらを自動化したい。。。

ただ、

正直FTPやVPNをオープンさせたまま自動化はあんまりやりたくない。。
いっそサーバーから取るのではなく、サーバーから自宅へ送るようにするか?

・・・

うまい方法が見つからない。。。

まあ圧縮したDBだけならこの前の実験でも1.1GBが83MBなので、
ファイルの更新もそんな頻繁じゃないから、・・・
しばらくは手動で取りながら自動化には何をどーしたらいいかちょっと考えてきたいですね~

ホームサーバーと公開ウェブ(VPS)サーバーの使い分け

「さくらVPS」への移行も順調に終わった。
さて、次の課題として、ホームサーバー(自宅仮想サーバー)への対処。

ウェブサーバーが移った今、自宅サーバーを24時間稼働させる必要もなくなったが、
なんせ仮想サーバーなので、ただ電源入れればいいってわけじゃない!
一回ESXiを起動した後、「vSphere Client」で各OSを起動しなきゃならないのがちょいとめんどい。。(もしかしたらESXi起動後に自動で仮想OSも起動する方法あるのかな??

まあ何にせよ。
自宅サーバーの一時解体というかESXiの再インストールは必須。
てかSSDとかハードウェアのチェックも必要かな??

ただ。

まあそれは先にしろ後にしろ、
問題はホームサーバーをどう扱うかだ。。

今は開発・NAS用途。
ウェブサーバーのバックアップ用途として構築しようとか、
使い道は・・・まあいろいろあるかな??

ただ。
VPSとの使い分けも大事。

Redmineをインストールしようと考えているが、
まあ筋として?ホームサーバーなんだろうけど、
でもいっそ開発の一部、SubversionもVPSに移そうかな?とかも検討。。
まあできるだけ、VPSは純粋な公開ウェブサーバーにしたいが、
なにせストレージが200GBもあるんだし、他の用途にも欲を言えば使いたくなってくる。。

もっとも、だからといってやっぱVPNやFTPでさせ、
できれば常時余分なものはVPSで起動させたくないのが本音だけど・・・

まあこの辺はいろいろ試行錯誤しながらかな?

本気でいろいろ取り組みたくなったら
それこそ解約したDTI@Servermanの490円エントリープランも有りだしね。。

しかし話は変わるが、グローバルIPがあるとわざわざダイナミックDNSを考えないで済むのがいいね^
個人的にはダイナミックDNSシステムを開発予定に入れてるけど^^)

「さくらVPS」へ移行完了!

今月二度目のサーバー引越し。
「さくらVPS」への移行が完了した!!

予定より数時間繰り下げたのは、
日中に必要なファイルの圧縮をかけておいたから。

とはいえ。

今月最初の移行時に、
管理体制を強化したので、ほとんどファイルコピーと展開だけで移行が済んだ!
まだまだこの辺はバックアップ・再構築・退避など、様々な面で進化の余地有りだ!

ま、厳密に言えば、
まだ幾つかのファイルアップロードとシステム設定中だが、
もうほぼ完了と言っていいだろう!

というわけで、長く続いた自宅サーバー時代に遂に幕を下ろしました~

終わりと始まり。契約!さくらVPS!!

早速さくらのVPS、「さくらVPS」を契約した!

その前に、dti@servermanのサーバーをスタンダードプランからエントリープランに変更しようとしたが、
どうやら上位プランへの変更ならともかく、下位プランへの変更するとサーバーが初期化されるみたいだ・・・
まあ、HDDなどのリソースが減るわけだからある意味当然か。。
しかし、だったらわざわざ使い続ける理由もないので解約した!
いずれ480円のエントリープランが必要な時が来るかもしれないが、
まあそれはその時で^^

そしてさくらのVPS「さくらのVPS 2G」を契約!
CPUは仮想 3コア、メモリは2GB(しかもservermanと違って保証容量じゃなく全て使える!)、
HDDはウェブサーバー用途くらいなら全然十分な200GB!

契約が完了して、まず早速OSをチョイスしてインストール!
標準ではCentOS6 64bitだけど、
32bitで十分(むしろ現環境がそうだし、メモリも4GB以下なので安定を求めるなら32bitでしょ)なので
32bit版をインストール!

インストールは、なんかJavaベースで開くコンソール「シリアル/VNC」を利用!
まるでvmwareのコンソールみたく扱えるので、ssh接続がなどで制御不能になった時(あとOSインストール時とか)はここから作業できる。

ここ最近、ずっとLinux系サーバーをおっ立ててたし、
それにそもそも自分のウェブサーバーを立てたばっかだし、
作業・管理表なども充実してきているので、構築はそう時間もかからないだろう。

ただ、やはり現自宅サーバーの特にウェブサーバーの調子が悪い。。
移行は急いだほうがよさそうだ。
運悪く、毎日のサーバーバックアップが働いていなかったので、
急遽取ってみたが、そこでまたダウン!(やっぱファイルシステム系みたいだ・・・)
無事バックアップも取ったので、後はそれを反映するタイミングだが、
サーバー構築も明日か明後日には終わるだろうが、やはり週末・土日がベスト、かな??

早く安定した環境構築を実現したいですね~^^)

一極集中型分散システムの敗北宣言!!

自宅サーバーの機能強化をしてきた「一極集中型分散システム
・・・

本日、敗北を宣言しなければならない・・・

ここ最近。
そう。
8/14の「懸念していたそばから一極集中の弊害!!」でサーバーダウンを引き起こして以来、修復・強化・改善に努めてきたが、
ここ最近起こるESXiのダウンに加え、gateサーバーの起動不能、ウェブサーバーのダウンとファイルシステムエラー(これは何度かe2fsckをトライしてヒヤヒヤ復活した)
などなど。。。

とても安定運用には程遠い・・・

それも一極集中が問題。。
1台のマシンで複数サーバー動かしてるので、
今回の問題は完全に特定していないが、ハードウェア系のエラーっぽいログがあるので、
しかもそこにダウンを繰り返してファイルシステムが壊れるとか多彩な障害が広がっている。。

よって、今後の安定運用のために、VPSを使う決断をした!
現在契約しているdtiのStandardプランを1コグレードを下げて(予備・補助サーバーにする)、
そして新規にはさくらVPSの2Gを契約しようかと思う。
月額1,480円ながら、メモリ2GBやCPU 3コアなど、スペック的にはかなりリーズナブルだ!(今年の3月にプランがグレードアップしたらしい)

自宅サーバーは、完全非公開の開発テストやストレージ的な扱いに格下げする。。

まあもう使わなくてもいいけど、・・・とりあえずなきゃやっぱ不便だしね。。

何はともあれ、これは自分にとっての自宅サーバーの4年半に渡る歴史を閉じる事だ。
そして旗揚げしたばかりの「一極集中型分散システム」の敗北宣言でもある。。
電気代性能比は、まだVPS以上のコストパフォーマンスがあるけど、
やはりハードウェアメンテナンスなどを考えればウェブサーバーは、
必然と今の時代VPSというふうになってくでしょう。例え個人レベルでも。。

そうなれば、この前作ったこの4万円クラスの自宅サーバーも、無駄なコスト・・・とまでは言いたくないが、
やはりそう言わざるを得ないだろう。。。。。

というわけで!

まずはVPSの契約から、
今年3度目?になるウェブサーバーの移転作業を早々に開始していこう!!