2014のJ1閉幕

今年のJ1はハラハラさせられた。
我らが地元・清水エスパルスは最終節で降格の危機を迎えていた。

とは言え、残留条件は引き分け以上で確定。
敗北しても、16位の大宮が勝利しなければ残留となる。

結果は、大宮が勝利したが、エスパルスも引き分けたため、勝ち点1差で残留を決めた!

同じ静岡勢のジュビロは、去年降格して、今年も昇格できないため、エスパルスが降格した場合は、サッカー王国の更なる凋落が決定づけられたと思う。

何にせよ良かった限りだ!
来年は良い成績を残して欲しい!

image

ドイツ、2014 FIFAワールドカップ ブラジルを制覇!

4年に一度の祭典・サッカーワールドカップ。
2014ブラジル大会を制したのは強豪・ドイツ!
6大会ぶり4回目の優勝を果たした!

ドイツはここ最近のワールドカップでかなり好調だった。
にも関わらず、ドイツでさえ優勝は6大会ぶり。
実に1990年のイタリア大会以来。
統一後は初優勝。

日本が優勝する日は生きている内に見れるのかとも思えてしまうが、、
ドイツ、おめでとう!

image

7失点

ワールドカップ期間は、朝起きたら試合結果を見るのが日課である^
夜やってるので試合を見ていたら仕事にならない^^

そんな中。
衝撃の結末が。

何と、ブラジルが前半でドイツに5失点・・・
初めは、配信ミス??とも思ったが、気がついけば7点差の大敗。

ネイマールとチアゴシウバを欠いた試合とはいえ・・・
・・・
何とも衝撃。

ブラジルはこれまでの試合を見ても、優勝は難しいのでは?と思っていたが、
これほどの大敗は誰が予想しただろう・・・

開催国ブラジルにとっては何とも悲壮な結果といえるだろう・・・

image

W杯2014ブラジル:予選リーグ第3戦:日本 vs コロンビア

この予選リーグ最終戦も仕事で後半一部見ることができなかった。
だけど音声は聞いていた。

勝ち越しの失点。
更なる失点・・・。

結果は 1 – 4 の大敗。
前半が積極的で追いついた劇的な展開に期待をしていたがそれも叶わず儚く散る。。
期待が見えたのが救いか残酷か・・・

まるで結果はドイツ大会のようだ。
今日の試合も先制の違いはあれ、点数はあの時と同じ。
後半の立て続けに失点し、あの時同様にGKの交代という屈辱も受ける。

しかしまあ。
去年のコンフェデレーションズも勝てなかったのだ。
これがやはり日本の現在の現実なんだろう。

非常に残念としか言えないが、
また4年後、日本はワールドカップ出場を果たし、
今度こそ夢と希望を見せてほしい!

image

W杯2014ブラジル:予選リーグ第2戦:日本 vs ギリシャ

この試合の開始時間帯には、残念ながら仕事が急遽入ったためリアルでTVを見れなかった。
なので録画した試合を見た。

非常に残念だった。
試合の半分以上を数的有利な状況で戦い、
なおかつボールも支配し圧倒的に攻めていた。

しかし、フィニッシュの精度が悪い・・・
それから、中に固められた状況でミドルレンジからのシュートも殆どなかったんじゃないかな?

結果は 0 – 0 のスコアレスドロー。
もう敗北に近い引き分けと言えるだろう。。

まだ決勝トーナメントの可能性が残ったとはいえ、

 ・日本のコロンビア戦勝利
 ・コートジボワールのギリシャ戦引き分けか敗北

の前提条件の中で、勝ち点が並んだ場合の得失点差争いに望みをつける。

ハッキリ言って難しい。
相手はコロンビア。
しかもこう言っては何だが、コートジボワールの方が勝つ可能性が高い気がする。

まるで2006年のドイツワールドカップを思い出す。
当時も初戦のオーストラリアに電撃逆転負けを期し、
2戦目のクロアチア戦はドロー。
3戦目のブラジル戦は先制するも、1 – 4 の大敗・・・。

まあ、とにかく望みは残った。
悲壮感と悲観は正直拭えないが、次の試合は、
例え16強に進めなくても、勝利する試合を是非ともやってほしい!

DSC_0458

追われる日々に日々追われる・・・

ココ最近は忙しい上、緊張度も高い濃密な日々を送っている・・・。
まあ、自分の人生において往々にしてたまにあるシチュエーションだ。。

だけど、自分の生き方じゃないと思う。。

それと間接的に関係するが、
明日のギリシャ戦はTV見る予定だったが、
何と仕事のため見れない・・・

多分、記憶に間違いがなければ、フランス大会から日本がワールドカップに出場した全試合リアルタイムにTVで観戦していたと思う。
それができない事に残念だ・・・。
特にマニアックなほど熱心なサッカーファンってワケじゃないと思うが、
それにしても残念だ・・・。。。

早々のまさかの敗退が決まってしまったスペインのように、
今大会には既に驚くようなことが多いが、明日は驚きの敗退ではなく、歓喜の勝利を是非とも期待したい!

W杯2014ブラジル:予選リーグ第1戦:日本 vs コートジボワール

日本時間の10:00。
遂に4年に一度のワールドカップ、日本の試合が開幕した!

初戦の相手はコートジボワール。
同組のコロンビアが既にギリシャに3-0で勝利しているので、
勝って頭一つ抜けていきたい所。

前半は本田のシュートで先制!
コートジボワールにやや危なげなシーンを作らせるもリードしたまま前半を折り返した。

後半は悪夢が待っていた・・・。
64分66分と立て続けにゴールを許し、1-2で逆転。

ここ何試合か逆転勝利してきたので、逆転できると信じたかったが、
今日の代表は足取りが重い?
もっと言えばプレッシャーが上手くいってない。
てっきり勝負の瞬間を待って仕掛けるのかと思ったが、
何と言うか前半追加点を決めたい所でそれなりの迫力はあったと思うが、
後半は何かそういう感じじゃなかった気がする。

無常にも笛は吹かれた。
まあ、スペインも大敗、イングランドも初戦を落とす、ウルグアイも2点差で敗れる。
勝敗に結果はつきもの。
多分、今日のパフォーマンス通り、勝利には値しなかったという事だろう。

次のギリシャ戦。
何が何でも絶対に勝たなければならない。
日本が勝利する事を前提で、

■想定1
コロンビア:勝ち点6
コートジボワール:勝ち点3
日本:勝ち点3

■想定2
コートジボワール:勝ち点6
コロンビア:勝ち点3
日本:勝ち点3

■想定3
コロンビア:勝ち点4
コートジボワール:勝ち点4
日本:勝ち点3

とした場合、最終戦を考えると想定1は得失点差で地力の可能性が残る。
想定2は勝てば文句なし。
想定3も勝てば文句なし。

という事になる。
もちろん次のギリシャ戦が引き分けの場合も可能性は残るが、
恐らく他力になってしまうだろう。
負ければ文句なしにこのグループ最初の脱落・・・

ショッキングはショッキングだったが、まだあと2試合に望みを繋げたいところだ!

DSC_0446

FIFAワールドカップ 2014ブラジル開幕!

日本時間の6/13 5:00。
遂にワールドカップの開幕戦のキックオフとなった。

開催国ブラジル vs クロアチア。

開幕戦は早起きしてテレビ観戦したが、波乱のオウンゴールからのネイマールの同点・逆転PK、オスカルのダメ押しで3 – 1 の逆転勝利!
西村主審の判定もかなり物議を呼んでいたが、とりあえず順当な開幕戦となったと思う。

ただ、日本の深夜帯に試合が行われているので、見れないのが残念。。

そんな中、今朝は6:00頃起きたら、スペインがオランダに1 – 5の4点ビハインド・・・
何が起きたか分からないが、早くも大波乱といったところか・・・
FIFAランク1位の前回優勝国 スペイン。
誰がこのような結末を予想しただろうか・・・

DSC_0433

ワールドカップ直前試合を競り勝つ!

今朝はサッカーの試合があったので起きて視聴する事にした。
相手はコートジボワールを想定したアフリカのザンビア。
親善試合とはいえ、ワールドカップ最終テストマッチ。

2点もリードされる悲壮な展開だったが、それでもこのままで終わるとは思えなかった。
今の日本にはかつての日本にない、粘りと攻撃力がある。

その証拠というべきか、3点を返して逆転に成功!
その後追いつかれるものの、直ぐ様 大久保への1本のパスからの技ありシュートでロスタイムに再びリード!!

そう言えば。
前回のワールドカップで、先制点の重要性について書いていたのを思い出した。(ワールドカップの先制点の重要性、その勝率は!?)

あくまで2010年の南アフリカ大会予選48試合のデータだが、
先制されてからの覆して勝利するのに4.2%しかなかった。
それを日本はここ2試合で逆転勝利を演出してきた!

それだけ力があると言えなくもないが、ただ、本番ではより先制されればプレッシャーは大きいだろう。
なので、初戦のコートジボワール戦は是非とも先制点を叩いて勝利してほしい!

DSC_0404

攻勢も白星遠く・・・

「清水エスパルス」の第14節の相手は「ヴィッセル神戸」。
ワールドカップ中断最後の戦い。

攻勢で優位に試合を進めたものの、先に失点してしまう。
すぐに杉山のゴールで追いつくも、その後は得点を奪えず、最後の最後でノヴァコヴィッチのFKが入らなかったのが残念無念・・・
1 – 1 で結局引き分けた。

順位も9位。
首位との差が11点あるのに対し、降格圏とは4点しかない。
再開後のリーグで久々の白星を是非とも飾って欲しい!

image