この試合の開始時間帯には、残念ながら仕事が急遽入ったためリアルでTVを見れなかった。
なので録画した試合を見た。

非常に残念だった。
試合の半分以上を数的有利な状況で戦い、
なおかつボールも支配し圧倒的に攻めていた。

しかし、フィニッシュの精度が悪い・・・
それから、中に固められた状況でミドルレンジからのシュートも殆どなかったんじゃないかな?

結果は 0 – 0 のスコアレスドロー。
もう敗北に近い引き分けと言えるだろう。。

まだ決勝トーナメントの可能性が残ったとはいえ、

 ・日本のコロンビア戦勝利
 ・コートジボワールのギリシャ戦引き分けか敗北

の前提条件の中で、勝ち点が並んだ場合の得失点差争いに望みをつける。

ハッキリ言って難しい。
相手はコロンビア。
しかもこう言っては何だが、コートジボワールの方が勝つ可能性が高い気がする。

まるで2006年のドイツワールドカップを思い出す。
当時も初戦のオーストラリアに電撃逆転負けを期し、
2戦目のクロアチア戦はドロー。
3戦目のブラジル戦は先制するも、1 – 4 の大敗・・・。

まあ、とにかく望みは残った。
悲壮感と悲観は正直拭えないが、次の試合は、
例え16強に進めなくても、勝利する試合を是非ともやってほしい!

DSC_0458

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。