2つのHDDに関する決断・4TB時代の幕開け!

4TBのHDDを注文して本日届いた!
カカクコムで調べ、ノジマオンラインで注文しました。

さて。
今年、3TBを買ったので、とりあえずもう問題ないかと思っていたが、予想以上にHDDの容量を消費した。
まあ、マスターバックアップとして使っているので仕方ないか・・・。

しかし、このまま行けば枯渇するし、何より仮想マシンを作成した際に、容量がでかいのでバックアップが取れなくなってしまう。。
そこで決断!

4TBのHDDを購入する事にした!
前回の3TBでも迷ったが、、まあそこは判断ミスと言えるかもしれない。。

それからもう一つの決断。
WesternDigital(ウエスタンデジタル)のHDDを購入する事にした!
実に10年ぶり??

というのも。
その10年くらい前、WD製のHDDがよく壊れた。
3台位、1年もったかもたないか・・・。

それ以来、WD製は一切購入しなかった。
最も、外付けHDDとかレコーダーのHDDはWD製もあったかもしれないが。。

今回、購入を決意!
理由はコストパフォーマンスの面がまずあったが、自分がよく購入しているSeagate製。
エラー率を各社比べた記事を読んだが、こちらの方がエラー率が高い!(1年経つと増えていく)
それから、他の方々のWD製レビューをいろいろ見たが、どうやらあの当時と比べて改善しているというものも発見した。
まあ、真実は良く分からないが、とりあえず10年経ち、WDも買収を繰り返して世界ナンバーワンシェアを誇るようになったわけだし、今回使ってみようという気になった。
それに用途が、マスターバックアップなので、仮にHDDが飛んでもオリジナルデータは残ってるのでそれほど問題にならない。
ま、その辺は他のメーカーのHDDにも言える話だが。。

WD 内蔵HDD Green 4TB 3.5inch SATA6.0 64MB Inteilipower WD40EZRX
[amazon asin=”B00F0EIJE0″][/amazon]

こちらを購入しました。
WindowsとLinux(CentOS)でS.M.A.R.T.のチェックを見ましたが問題なさそうです。(逆にあったらおっかなすぎだが^^)

とりあえずフォーマットして、3TBのデータを全て4TBへ移します。
うん、3TBのHDD。
余ったコレはどーしようか^
ま、使い道はいくらでも見つかるか^^

DSC_0617DSC_0618

DSC_0621DSC_0623

image

image

2.5インチHDDが届いて早速ESXiの再インストール!

怪しかった仮想自宅サーバーの2.5インチHDD。
今日、交換用のHDDが届いた!

東芝 TOSHIBA 2.5インチHDD(SerialATA)/容量:1TB/回転数:5400rpm/キャッシュ:8MB MQ01ABD100
[amazon asin=”B007XBU69O” /]

ただ、この怪しい方も、S.M.A.R.T.では問題が出てなかったので、
とりあえず交換はこっちのHDDじゃなくSSDにする事にした。
元々、コイツにSSD使うのはもったいないのでは?と思っていたところもあって。

しかしそうなると、SSDにインストールされているESXiも再インストールしなきゃならないので再インストールする事にした!
ネットワークの再設定も含めて約12分でインストール完了!
さすがシンプルなESXiだ^^

あとは元々怪しかったHDDの「datastore2」から新HDD「datastore1」へ仮想マシンを移動するのみ!
40GBのデータで約50分ほどかかった。
なら夜中に回しておけばOKかな。

こうなると、メモリ8GBが少なく感じてきてしまう・・・
CPUももっとパワーがほしいような・・・
省エネ・省コストの聞いて呆れてきそうだ^^

DSCN1063DSCN1067

smart_2.5hdd_TOSHIBA MQ01ABD100 バルク[1TB]

DSCN1069DSCN1071

DSCN1072DSCN1080

image

HDDスタンド「KURO-DACHI/CLONE/U3」買ってきた!

前回HDDスタンド購入戦略失敗を語ったが、今日、ZOAで新たにHDDスタンド買ってきた!

前回の「ノバック コピー一発!2レンジャーUSB3.0 NV-HSC353U3」と同様、
USB3.0対応・SSD/HDD共に2台まで挿せる単独クローン可能なHDDスタンド!

ただ、今回のは玄人志向の「KURO-DACHI/CLONE/U3
同じやつでも良かったが、一応サイトで調べたら4TB HDDも対応しているようで将来性も有り?だし、
まあ何より全く同じの買うのもどうかなーと思ったので^^

DSCN2665DSCN2666

DSCN2667DSCN2668

使ってみると、ざっくばらんなコピーテストでは、
HDDスタンドからSATAへのHDDコピー速度は130MB/sec(1,040Mbps)くらい。

image

一方HDDスタンド内のHDD to HDDのコピーは、105MB/sec(840Mbps)くらい。

まあ、理論値5Gbpsあるといっても実際はこんなもんでしょう。
とは言え、スタンド内でもUSB2.0の480Mbpsを倍近く出しているのはなかなかだ^^)

image

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き
[amazon asin=”B007SQJ92E” /]

戦略的失敗?HDDスタンド

2TB HDD2台を3TBに移して、移し終わったら2台搭載できるHDDスタンドで運用しようと考えていたが、
なんとホームサーバーにつながっている3TBのHDDが、このスタンドじゃないと認識しない!??
 ※詳細:開発日々の走り書き~:EXT4-fs (sdb): bad geometry: block count 732566646 exceeds size of device (195695734 blocks)

仕方ないので、こっちのスタンドをサーバーにつなぎ、
開いてしまったHDDポートには栞を置いてホコリがたまるのをガード!

せっかくUSB3.0さえも生かせない・・・><

いっそもう一台同じスタンドを購入しようか?

まあ、またちょっと様子を見て戦略を練り直そう。。。

DSCN2603

3TB HDDセッティング!

遂に3TBのHDDが届いた!
2代目になる「Seagate ST3000DM001(3TB)

加えて、HDDスタンド「NOVAC コピー一発! 2レンジャー セットアップガイド」(USB3.0対応で、PCが無くてもHDDクローン作成が可能!)
(あとついでにBD-R 50枚)

これをホームサーバーにつないでフォーマット!
現在もフォーマット中で時間がかかりそう。。

終わったらいよいよ2TB2台分のデータを3TBへ統合!
(ちなみに、この買ったスタンドはサーバーじゃなくデスクトップPCで使います^^)

DSCN2585DSCN2586

DSCN2587DSCN2588

DSCN2589 image

imageimage

Seagate 3.5inch 内蔵ハードディスク 3.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ 1TBプラッタ採用 SATA III 6Gbps ST3000DM001
[amazon asin=”B006JF7O1S” /]

ノバック コピー一発!2レンジャーUSB3.0 NV-HSC353U3
[amazon asin=”B008PIODBG” /]

3TBハードディスク、購入へ!

散々迷った3TBのHDD。
購入する事にした!
いつもお世話になってるドスパラ通販で^^(ついでにBD-Rメディアとかも

購入HDDは「Seagate ST3000DM001(3TB)」。
これは今年の5月にPC刷新した際に購入したのと同じやつ。
あれから4ヶ月経ったが、その間値段は ¥13,480 -> ¥10445 と約3,000円近く安くなっている!

このままいけばもっと安くなるかもしれないが、
まあもう決断した時に買うのがベスト^^)

いままでは容量不足から来る購入が多かったが、
まあ今回もそうとも言えるが、それよりもメインPCが3TBにアップしたことによる
バックアップ先も3TB化が大義名分かな???

それからいままで使ってた2TBを別の用途にあて、
さらにそれに取って代わったHDDをまた別の用途にあて、
最後に当てられたwのは・・・廃棄、かな?(かなり使い込んだ200GB HDD)

まあ、そんなわけでいろいろ将来を見据えて、何事も刷新、効率化!です^^)

Seagate 3.5inch 内蔵ハードディスク 3.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ 1TBプラッタ採用 SATA III 6Gbps ST3000DM001
[amazon asin=”B006JF7O1S” /]

購入審査対象[8]:3TBのHDD

3TBのHDDを追加購入しようかと思っている。
理由は、PCを刷新した際にデータ用のHDDを3TBにしたが、
バックアップ用は依然2TBのまま。

もちろん3TB全て使ってるわけではないが、
この2TBのHDDは3TB以外にも様々な所からバックアップを取っているので、
必然と足りなくなってくる・・・

依然タイの洪水以降、高止まりのHDD。
メーカー再編で2極化も相まってかなかなか以前の価格に戻らないHDD。
確か戻るのは来年以降って記事があったが、・・・

やはり必要なら購入したほうがいいかね~。。

価格.comによれば、3TBの価格は、

 ・WESTERN DIGITAL:WD30EZRX [3TB SATA600] ¥11,297
 ・SEAGATE:ST3000DM001 [3TB SATA600 7200] ¥11,300

数年前、WESTERN DIGITALいくつか買ったが、大抵よく壊れた!!
いろんなメーカーのを買っているが、本当にWESTERNは格別に悪かったので、
今でも絶対に買わない!・・・が、あれから何年かたって改善したのかな?(とは言え、価格差がほとんどないならやっぱSEAGATE買うけど、個人的には日立だねー

HDDも再編が進んだけど、それはメーカー毎の品質に影響があるんだろうか?
良くなったのかな??

1万円切ってれば即買いだけど、まあ今の値段もそんな大して変わらんか^^

折を見て購入しようかね~

自宅仮想サーバーに2.5インチHDDを追加!!

深夜よりは早いけど、遂に自宅仮想サーバーに購入した2.5インチHDDを追加した!
ESXi上でデータストアとしてHDDを追加!

今まさに、SSDからHDDへ一部データを移しているが、・・・
雨と雷の音が!!!?

停電、しないといいな・・・。

DSCN1906DSCN1909

DSCN1911DSCN1913

DSCN1914DSCN1918

DSCN1920DSCN1922

image

image

image

image

image

image

image

image

image

2.5インチHDDが届いた!

先日注文した2.5インチHDDが届いた!
自宅サーバーに取り付けるんだが、とりあえず今の時間帯よりは深夜のほうがいいので(個人の趣味だからそこまで気にする必要ないけど^^)、
真夜中にやります!

今日かもしくは明日かなー

DSCN1905

2.5インチ 500GBのHDDを注文!

【HITACHI】500GB/5400回転/SATA2 HTS547550A9E384【バルク品】
[amazon asin=”B006YQ8X30″ /]

散々緊縮を謳っているが、それでも必要なものへの投資はむしろ夏くらいまで加熱するだろう。。

その投資の一つ。

2.5インチHDD。
500GB。

これは自宅サーバーに増設する予定!

本来、ベアボーン筐体の「Shuttle XH61」は、
SATAが2本付いていて、1本HDD/SSD、もう1本光学ドライブってのが一般的なんだろう。
でもその光学ドライブ用のやつに今回注文した2.5インチHDDを取り付けて、
SSDには自宅サーバーOS以外を締め出す予定~(まあ、本来仮想はあくまで自宅サーバーのためのものだし^^