現代にも続くヒエラルキー/日々雑感14

ヒエラルキー」は、ドイツ語読みであり、意味は「階級」を意味する。

現代において、人は法の下の平等が謳われているので、多くの文明国では階級制度が存在しない・・・
しかし、現実には存在している。
発展途上国では伝統的な階級が未だ残り、先進国でも広がる格差社会が確実にヒエラルキーを生んでいる。
親の年収が子供の教育水準を決めるように、世代間で格差は固定化されてしまう傾向にある。

地震のヒエラルキーはどこに位置しているのか良く分からないが、
社会身分は存在しなくとも、社会的な自分の立ち位置については良く理解する必要がある。

今が悪いならより良く。
今が良いなら更に良く。

努力を怠った瞬間、現状にあぐらをかいた瞬間。
一瞬にして、社会的に弱い位置へと押しやられるかもしれない・・・

平等の後ろにある現代ヒエラルキー。
現実を直視せざるを得ないだろう。

_MG_0947-2
※撮影場所:静岡市:広野海浜公園

故郷を追われる日/日々雑感13

人には「ふるさと」がある。
自身の原点とも言えるべき場所であり、
帰るべき場所である。

もっとも、必ず帰る場所であるとは限らない。

新天地を求めて故郷を去る人もいる。
あるいは、去らざるを得ないケースもある。
難民は典型的なケースだ。

いつか故郷を追われる日が来るかもしれない。
自分の場合は生まれ育った故郷を自ら離れたが、
今は心の故郷とも言える場所にある。

しかしそれが永続するかは自身を含めて誰にも分からない。
心の故郷を守るための行動。
実行していかないといけない。

_MG_0947-2
※撮影場所:静岡市:広野海浜公園

サービスについて/日々雑感12

サービスとは何だろうか?

分類として、農業、製造業、サービス業といったものがある。
サービスは、売買におけるモノが発生しない、
効用や満足を提供する形なき財というのが経済用語として定義されているとの事。

昔、とある人が、「世の中の大半はサービスの意味を理解していない」ような事を言っていた。

話は少し変わるが、コンピュータエンジニアにとって、
ソフトウェアの開発はクリエイティブな仕事でもあるし、
IT土方と言われるような地味な仕事でもある。
もちろん、サービスも含まれることもある。

サービスの追求は、対価に対する顧客への満足度を上げていくことだと自分はとく。忘れてはいけない原点だろう。

_MG_0947-2
※撮影場所:静岡市:広野海浜公園

もはや留まる事はできない/日々雑感11

今年はやらなければならない事が多い!
自身の事や家の事など、これからの人生・未来へと続く道を決める選択になるだろう。
そのための効率的に作業を進めるための知識や技術、モチベーションも必要になってくる。

決意は軽くない。
しかし結果を求められれば、そこには厳しいシチュエーションがうまれてくる。

思い描く未来。

それは決して簡単なものではない。

しかし、その道を進むのに、
もはや留まる事はできない。

今月はきっとその試金石になるだろう。

_MG_0947-2
※撮影場所:静岡市:広野海浜公園

独り立つ/日々雑感10

生まれてしばらく親の庇護を受ける。
それは人間だけじゃない。
この地球上の生命の多くに言える事。

子はいつの日か、親の庇護を離れ、やがて独立していく。

しかしながら、その期間は生物に寄って違う。
生まれてすぐ、立ち上がり歩行できる動物もいる反面、
人間は1年くらい2本足で歩行ができない。
更に自ら生存・生活するためにより長い年月を必要としている。

多くの歳月をかけてもなかなか庇護を離れられないのが現状とも言える。
それは精神的であったり、経済的であったり。

しかし仮に両方を完全に親元から自立したとしても、
社会性動物である人は、何かや誰かに依存しながら多くの人は生きている。

その事自体間違いとは言わないし、否定もしない。

ただ、依存するだけでなく、依存される事がなければ、
人にとっての真の独立とは言えないのだと思う。

だからこそ、そのためにも、自らを磨き啓蒙していく事が大事だとも言える。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台

捨てる決断力/日々雑感9

物事には決断が必要である。
時には切り捨てる選択も必要な時がある。

もっとも、この「捨てる決断力」は、
非常な切り捨ての事を指しているのではなく、
あくまで『物』。

なかなか捨てられないタイプの人がいる。
自分はきっとそのカテゴリだろう。

しかし、収納は無限じゃない。
不要なものまで手元に置く必要がない。
必要なものでも時として捨てる決断をしなければいけないの事もあるかもしれない。

選択すること、大事なことです。
もっとも、それこそ『物』に限った話しじゃないけれど。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台

理想は「和をもって尊しとなす」、だけど現実は、理想を実現するには、/日々雑感8

聖徳太子の有名な言葉に「和をもって尊しとなす」という言葉がある。
「人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事」という教え。

自分にとってもその理想は大事だ。
自分だけじゃなく、誰にとっても言われればそうだと思う。

しかしそれは理想であって現実じゃない。

この社会、この世界、いや、地球の生態系。

これらは成り立つシンプルな法則は、力関係、弱肉強食だ。
傲慢な言い方をすれば、力が正義とも言えてしまう。

とてもとてもシンプルな法則だ。

この現実は否定出来ない。
理想だけの世界なら軍隊も警察もいらない。
法治国家の方でさえ、強制力という力が最終的には働く。

しかしやはり、人間社会は、単純な力のみの争いでは繁栄はできない。
過去の大戦がそれを物語っている。

理想は理想。
しかしシンプルな法則だけでは、人間社会は現実成り得ない。

結局はバランスなのだろう。
外交力と軍事力みたいなものだ。

結局理想論だけの理想は、現実的には受け入れられるとは言い難い。
現実的な力があって、初めて現実は理想に近づくのだと思う。

理想を唱えることは大事だと思う。
けれど、自身の現実を知らずして、
叶う望みも叶わないことが出てくるかもしれない。

自身の能力向上・自己啓発をはかる事が人生には大事だろう。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台

短期、短絡的な対応は、長期的にツケを回す事もある/日々雑感7

その場しのぎは即効薬のように便利で早いかもしれない。
しかし、あくまでその場しのぎ。
その場は良くても後々どうなの?という事が考えられる。
そのそも急ぐ必要がなければそんな事はしないはずだから。

あるいは、その場しのぎという意図がなくても、
長期的な観点が抜けていたため、結局ツケを支払うケースもある。

プログラマーをやっていると、自分が引き継いだシステムにおいて、
多かれ少なかれそういう感想を持つことがないだろうか?
プログラマーに限ったことじゃないけど・・・

他人のツケを払うことを不本意に思うこともあるだろうが、
後続にそんな想いをさせない事ができるなら、それは意味があるだろう。
もっとも そうは思っても、後続はきっとツケを見つけて感じてしまうかもしれないが。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台

やっぱり人は誰かになろうとしても、/日々雑感6

憧れ、尊敬する人がいたとする。
自分もそうなりたいとその人の真似をしたいと思うこともあるだろう。

しかしながら、誰かになりきることは当然不可能。
近づくことはできるかもしれない。
けれど、人の持つそれぞれの歩み、価値観とか、ベースは異なっている。
どれだけ似ている人でもだ。

やっぱり人は誰かになろうとしても、その誰かになる事はできない。

でもそうした過程まで否定する事はない。
近づくことができたのなら、きっとそれは成果なんだろうから。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台

情熱は、誰かと共有してこそより燃え上がる?/日々雑感5

必須アミノ酸。
我々はこれを体内で生成できない。
必須であるにも関わらず。
なので摂取する必要がある。

情熱。
これは生きていく上で必須とまでは言えないし、
自分一人でも湧いてくる。

しかし思う。

情熱は誰かと共有してこそより燃え上がるのでは?
夢を語り合うことでも情熱は刺激される。

生存には必須じゃないけど、有意義な人生には情熱が大切ですね。

DSCN3425-2
※撮影場所:葵タワー展望台