仮想化への道![6]:自宅のウェブサーバー移行完了!

今日の14時からずっとこの自宅サーバーから新仮想自宅サーバーへのウェブサーバー移行をやっていたが、
ようやく完了した!

初回からsambaが繋がらなかったり(結局2時間近くSELinuxが原因だってわからんかった。。)、
所々スクリプト変更など、いろいろとまあ思った以上に苦労したが、
何とかウェブサーバーの移行が完了した!
その他DNS等はまた後日ですね~

さて、その実力は?といえば、
確かに若干早くなったかな?
まだ、MySQLのチューニングしてないとはいえ。。

とりあえず内部ネットワークからじゃやはりわからんので、
明日外から繋いで評価したいが、
明らかに体感速度は早くなっている!

まあこれでバックアップ等を含めた運用の利便性や多様性が向上したといえよう!

予てよりの懸案だった、VPSも料金をワングレード下げて、
こっちのサーバーをメインに使ってきたい!(とはいえ、停電等の問題もあるので、
長期的に見ればはVPSメインになるであろうが。。

半日仕事になってしまったが、本当に良かったっす!

仮想化への道![5]:自宅のウェブサーバーを移行へ!

いよいよウェブサーバーを仮想環境の自宅サーバーへ移行する!
手順は大雑把に、

 ・現自宅サーバー停止(Apache)
 ・MySQLのdump作成
 ・ファイルのコピー(html, phpなど)
 ・新仮想自宅サーバーのMySQLリストア
 ・新仮想自宅サーバーのApache設定
 ・内部DNSの書き換え(現自宅サーバー)
 ・新仮想自宅サーバーでのウェブ表示確認(必要に応じて調整)
 ・ルーターのポートフォワード変更(ウェブ公開先の切り替え!)

て事になるかな。

少し長丁場になりそうなので、まず昼飯食べてからやろう!

仮想化への道![4]:ベンチマーク:仮想環境・ESXi5.0

最後のベンチマークはESXi5.0による仮想環境で!
まあリソースの割り当て次第でいろいろ変わると思うが、
大体の目安になるだろう。。
計測は「CrystalMark2004R3」「Super π」にWin7は「エクスペリエンス」で実施!

結果は、

 ・若干パフォーマンスは仮想環境で落ちるものの十分高速!
 ・Win7のほうがWinXPよりもパフォーマンスが良い!(下記参照の通り、明らかにリソースの割り方が違うので一概に評価できないが…)
 ・エクスペリエンスは仮想環境でグラフィック系の調整不足による低スコア??

てな感じで、まあ厳密な比較と言えないので参考になるか分からんが、
とりあえず今自分が必要としている環境としては十分合格!

いやはや、スゴイ!!!

■新自宅サーバー(非仮想)
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3)

ベンチマーク_エクスペリエンス(Core-i3)

■新自宅サーバー(ESXi5.0|Windows7 Pro 64bit)
 CPU:仮想ソケット数1 / ソケットあたりのコアの数4
 メモリ:4096MB
 SSD:シンプロビジョニング:30GB

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3_仮想化Win7)

ベンチマーク_エクスペリエンス(Core-i3_仮想化Win7)

■新自宅サーバー(ESXi5.0|WindowsXP Pro 32bit)
 CPU:仮想ソケット数1 / ソケットあたりのコアの数2
 メモリ:512MB
 SSD:シンプロビジョニング:10GB

image

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3_仮想化XP)

仮想化への道![3]:ベンチマーク:Super π

前回のベンチマークでは「CrystalMark 2004R3」でのテストだったが、今回は「Super π」による円周率計算!

結果は、やはり「Core-i3 2120T」が「Core2Duo E8400」を圧倒!
いやはや、素晴らしい!^^)

■新自宅サーバー
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

ベンチマーク_「Super π」(Core-i3)

■現デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:EG43M-S2H
 CPU:Core2Duo E8400(3GHz|TDP65W)
 メモリ:DDR2 4GB(内OSで3GB認識)
 HDD:Hitachi HDP725050GLA360(500GB|Serial ATA300)
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_「Super π」_one(E8400)

■マイノートPC
 製品名:ThinkPad X121e
 CPU:AMD E-350(1.6GHz|TDP18W)
 メモリ:DDR3 8GB
 HDD:320GB, 7200rpm
 OS:Windows7 Pro 64bit

ベンチマーク_「Super π」_one(AMD)

■旧デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:GA-8IG1000 Pro-G
 CPU:Pentium4 3.4GHz(Northwood|TDP89W)
 メモリ:DDR 2GB?
 HDD:?
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_「Super π」_one(P4 3.4GHz)

仮想化への道![2]:ベンチマーク:CrystalMark 2004R3

購入したPC(新自宅サーバーPC)の組立が終わり、いよいよESXiを入れて仮想化!と、いきたいがその前に、「CrystalMark 2004R3」でベンチマークを測ってみることにした!
実際に過去に測ったものと比較してみると、この新自宅サーバーPCの高いパフォーマンスが浮き彫りとなった!

たがだか4万円弱のPCが、3年前の現デスクトップPC(当時8万くらいで揃えたかな?)のスペックを圧倒している!
E8400より省電の2120Tのパフォーマンスが上回り、
メモリ速度も倍以上。
さらにSSD化による3倍を超えるスピードアップ!

時代の進歩は早いもんですね!

長く使えるPCを仕立てるのもいいけど、
その時々の手頃な価格のPCを揃えるのも一つの手かもしれないと改めて思いますねー

■新自宅サーバー
 CPU:Intel Core i3 2120T BOX(2.6GHz|TDP35W)
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C(120GB|Serial ATA 6Gb/s |MLC)
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

■現デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:EG43M-S2H
 CPU:Core2Duo E8400(3GHz|TDP65W)
 メモリ:DDR2 4GB(内OSで3GB認識)
 HDD:Hitachi HDP725050GLA360(500GB|Serial ATA300)
 OS:WindowsXP Pro 32bit

image

■マイノートPC
 製品名:ThinkPad X121e
 CPU:AMD E-350(1.6GHz|TDP18W)
 メモリ:DDR3 8GB
 HDD:320GB, 7200rpm
 OS:Windows7 Pro 64bit

image

■旧デスクトップPC
 マザーボード:GIGABYTE製:GA-8IG1000 Pro-G
 CPU:Pentium4 3.4GHz(Northwood|TDP89W)
 メモリ:DDR 2GB?
 HDD:?
 OS:WindowsXP Pro 32bit

ベンチマーク_CrystalMark2004R3_one(P4 3.4GHz)

仮想化への道![1]:パソコン組み立て!

先日注文した自宅サーバー用のPC(新PC購入計画!-自宅サーバー編)が3/19に届いた!

今回購入したのは、

 CPU:Intel Core i3 2120T BOX
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C

これらを組み立てたんだが、ちょっとした一苦労。

まず、筐体の中が狭い!ので作業しづらい・・・
それから、CPUのリテールクーラー使えないから、グリスが必要!!ってのに蓋をした後に気がついた!
しかも、グリスがないと探していたが、XH61に付属していたし!^^

CPUにグリスを付けて、再度フタをして組立完了!!
電源を付ければしっかりとディスプレイに文字が表示された!

これでいよいよ仮想化サーバー組立の一歩を踏み出したわけだ!^^)

_MG_0808_MG_0812

_MG_0823_MG_0821

_MG_0829_MG_0831

_MG_0832_MG_0853

_MG_0838_MG_0847

_MG_0855_MG_0861

_MG_0870 _MG_0868