XOOPS系サイトの閉鎖へ

Linuxで自宅サーバーを本格的に始めたのが、2007年1月2日。
その時立ち上げたウェブサイトが「masa.hのXOOPS Life」であり、その名の通りXOOPSを用いたサイト。

その後、サイト名を「masa.hのネット部屋」>>「masa.hのウェブサイト集」と変えてきたが、
自分の自宅サーバーを語る上でまさに原点となるサイトだ。
主な目的はコンテンツ公開と言うよりは、システム構築・運用実験といったところかな。

それが本日。

その原点と言えるサイトを含め、XOOPS系のサイトのほぼ全てを閉鎖する事にした!

理由は、

 ・現在ほとんど使っていない(更新していない)
 ・アクセスもほとんどない
 ・公開メインCMSはWordPressが主流

という理由だが、一番は、

 ・モジュールで変なエラーが出ている!

ってのが大きい。

正直、もうアップデートしたりメンテナンスする気もないので、いっその事、閉鎖することにした。

Googleは新しいサービスを打ち出す事を重視する一方、サービスを見限って閉鎖する決断も早い!

何でもかんでも後生大事にってわけにはやっぱいかんのだろうよ。
メンテナンスできない状況とかって。。

とは言え、若干感慨深い思いがする。
まだ2サイトXOOPSを残しているとはいえ、かつて全盛期には10サイト以上をXOOPSで運用していた。
次々に閉鎖し、今回も最後の複数サイト閉鎖になるだろう。

かつて自分の知識や技術を磨くために、いろいろXOOPSで四苦八苦していたことが懐かしい。
データベースや文字コードすら余り理解してなかった当時をちょっとだけ思い出させる。

今回の閉鎖で、今後XOOPSを使うことは多分ほとんどないと思うが、
それでもそこで培ってきた経験は、ITエンジニアとしての自分の原点の1つと言えるだろう。

これからは新しいサイト構築にもっと力を入れていきたい!
現在自分の運用の主流であるWordPress系サイトに加え、技術面・コンテンツ力をもっともっと注いだものを作っていきたい!

そんな決意を込めた決断です。

長い間、ありがとーです^^)b

—–
★閉鎖サイト

masa.hのウェブサイト集
image

心に残る音楽集 – あの日、心に染みたミュージック
image

masa.hの読書レビュー
image

LOVEネット
image

(ImpressCMSのテストサイト)
image

CMS選定 – 3.画像処理ライブラリ

最後に、PHPが使用する「画像処理ライブラリ」に関するお話を^

画像処理ライブラリとは、画像を作成するためのライブラリー、でいいのかな!?^^

まあ、簡単に言えば、
1000 x 1000の画像のサムネイル(縮小版、例えば240 x 240)の画像を作るとき、画像処理ライブラリを使うんですよ^

今回構築したXOOPSサイトで使用するモジュール:myalbum-pは、GDやGD2,ImageMagickやNetpbmといったライブラリを選択できるんです~

以下にてライブラリ毎の紹介をしますね~

一番上から

ImageMagick
GD2
GD

で処理されて作成した画像になります。

「ImageMagick」が一番きれいですよね~^^

「GD2」でも悪くはないんですが、「一部のPHPでは強制GD2モードでサムネイル作成に失敗します」って説明があったので^^
まあそんなわけで「ImageMagick」使ってます^^
※ちなみにRedHat系のOSなら、「yum install ImageMagick」でインストールできます!

まあ、また一つ賢くなった!?
・・・って威張るほどじゃないですけどね~~~^ 🙂

img_library1

img_library2


CMS選定
 ├CMS選定 – 1.選定から構築までの道のり~
 ├CMS選定 – 2.PHP5.3の壁!?
 └CMS選定 – 3.画像処理ライブラリ

CMS選定 – 2.PHP5.3の壁!?

先日、サーバーのPHP(ピーエッチピー)のバージョンを5.2から5.3に上げました!

PHPとは、簡単に言えばサーバーで動作するプログラム(スクリプト)の事ですね~
PHPを使ってHTMLを生成し、HTMLをInternetExploerやFireFoxといったブラウザが解釈して、文字や画像が見れるんです^^
まあ、そんな技術解説はどうでもいいですが~ww

実は実は。
先ほど紹介したXOOPSなどの多くのCMSはPHPを使って作られているんです!
だから、サーバーにはPHPがないとXOOPSは動きません><

まあ実は今回のサイト構築にあたって、冒頭で述べているPHPのバージョンアップが尾を引いてるんですわ~~~

最初、サイト構築に当たってXOOPS Cube Legacyを採用しようと思ったんです。
これはいくつかあるXOOPSのバージョンの一つだと思って下さい。

XOOPS Cube Legacyのインストールを進めると・・・

「うまくいかない!?」

どうも原因は、PHP5.3にあるようです(問題点と対処方法は公式サイトにも載ってます。

ただ・・・。
いちいち対処するのもめんどくさいので、じゃあ別のCMS使ってみよう!って気になったんですね~

その次に使ったのがImpressCMS

これもXOOPSから派生したCMSです!
だからXOOPSと互換性は高いです!

無事にImpressCMSのインストールが終わりましたが・・・

・・・
・・・
・・・

「ブロックの新規作成」ができない!?画面が真っ白!!?
これがPHP5.3のせいなのか解りません・・・
だけど・・・
画面は真っ白でエラーが出てる・・・
検索しても原因が解らない・・・

だから断念。。

次に使ってみたのが、バージョン2.4系のXOOPSです!(XOOPS 2.4系!?)

これはうまくいきました!

ただ、XOOOPSにインストールするモジュール(今回の場合、画像を管理する機能:myalbum-p)がうまくインストールできない・・・
以前のXOOPSやImpressCMSではできたのですが・・・

原因は文字コードでした^
まあすぐに文字が化けていた時点で気づいたのですが^^

文字コードとは、コンピュータ上で文字を表現する方法ですね~
日本語では代表的なものは、ISO-2022-JP,EUC-JP,Shift_JIS,UTF-8があります^
一般的にwindowsで使われている文字コードは「Shift_JIS」なんですが、近年ではウェブの世界ではUTF-8が主流なんです~

だからインストールしたモジュール「myalbum-p」の文字コードをUTF-8に変換して再びXOOPSにインストール!

無事完了しました^^

まあ、こんなのは全然大したことないんですが・・・。
以前の自分なら文字コード一つでしっちゃかめっちゃかしていたのに、これくらいの事ならある程度問題なくつまずく事なくできている自分がちょっと成長したかな~って実感w
まあ、一応まがりなりにもシステムで飯を食っているわけでw
まだまだ勉強足りないし、この程度くらいこなせないようじゃどうしようもないけどww

とにかくよかったです^ 🙂

次回は最後に、PHPで使う「画像処理ライブラリ」についてちょこっと紹介~


CMS選定
 ├CMS選定 – 1.選定から構築までの道のり~
 ├CMS選定 – 2.PHP5.3の壁!?
 └CMS選定 – 3.画像処理ライブラリ

CMS選定 – 1.選定から構築までの道のり~

CMS(シーエムエス)ってご存じだろうか?
CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(Content Management System)。
「テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称」(wikipediaより)
コンテンツ管理システムの事ですね~。

もっと簡単に言ってしまえば・・・まさにブログがCMSの一つになります!

実は前記事で紹介した「マサの写真館」はCMSによって作られているんです。
(このブログもCMSなんですが~w)

僕の運用している大抵のサイトはCMSを使っています。
僕が使うものは、WordPress(ワードプレス)やXOOPS(ズープス)といったCMSが多いんですが。。

今回は、XOOPSを使ってます!

昔、2007年の1月2日?だっけかな~
初めてXOOPSを自分で構築・運用してみました!
言わばXOOPSは僕のCMSの原点と言ってもいい存在~

とはいえXOOPS使うのは久しぶりでした~
最近はWordPressがメインなので。。

別に今回のサイトだってWordPressで構築しようと思えばできたんです。
ただ、なんでXOOPSなのか!?

次はもう少し技術的な話なども踏まえてちょっと語ります~


CMS選定
 ├CMS選定 – 1.選定から構築までの道のり~
 ├CMS選定 – 2.PHP5.3の壁!?
 └CMS選定 – 3.画像処理ライブラリ