ありがとう、HDD!

昨日セットした自宅サーバー用の2TBのHDDに移行が完了したので、古い160GBのHDDを引退させる事にした!

アンマウントしてHDDの電源とケーブルを抜く。
HDDは熱を帯びていたが、もうしばらくは熱も灯らないでしょう。。

★HDDアンマウント作業詳細
 ・[開発日々の走り書き~] umountできない!?

まあ160GBならそのまま廃棄してもいいけど、まだ使えると思うからとりあえず取っておこう。
確かAtomCPUのサーバーにする以前のサーバーから使っていた代物。
その前も何かで使っていたはず。

長い間、ありがとう!

_MG_0349_w1920

自宅サーバーにHDD追加[2]:HDD追加完了!

★タグ:自宅サーバーにHDD追加

購入してきたHDDをサーバーに取り付け、いざマウントへ!
手順としては、

 1.FDISK
 2.HDDフォーマット
 3.HDDマウント

の手順になる!

フォーマットにはext4を使おう!と思ったが・・・

# mount -t ext4dev /dev/sdd1 /mnt/sg2t
mount: unknown filesystem type ‘ext4dev’

マウントできない・・・

いろいろ調べてみたが結局できず、まあ別にext3でも困らないし時間ももったいないのでext3でフォーマットしてマウント!

無事使えるようになりました!^^

そんでもって、その作業詳細は以下にて記載してあります!

★作業詳細
 ・[開発日々の走り書き~] CentOSサーバーに外付けHDD追加!

自宅サーバーにHDD追加[1]:サーバーへ接続!

★タグ:自宅サーバーにHDD追加

先週購入したHDD

 Seagate製:2TB / ST2000DL003

ここ最近はずっと日立製を使ってきたが、値段に負けた><
1000円近くSeagateの方が安く、かといって同じ価格帯のWesternDigitalは、
HDDが200GBメイン時代に相当痛い目にあった(今もどーかしらないが、本当に壊れやすい!)ので、
絶対に買いたくなかった。。(まあ日立もWesternDigitalに買収されたし・・・)

というわけでSeagate

まあSeagateのHDDは個人的には悪く無いと思う。

今回自宅サーバーからこのHDDの代わりに取り外す予定の160GBもSeagate。
現在も問題なく24時間フルに稼働中で、丈夫なほうだと思う!
日立のHDD買う前はよくSeagateも使っていたので、個人的にはやはり信頼における。(とある型番における信頼を失いかねない事件もあったが。。)

前置きが長くなったが、先週HDD買ったはいいが、家に帰るとUSB用のキットがなかった・・・
あると思ったのに。。

そこでしゃーないので、今日USB外付けHDDのキットを買ってきた!
そんでもって早速自宅サーバーへ接続してみた!

[amazon asin=”B004CCS266″ /]

★作業詳細
 ・[開発日々の走り書き~] CentOSサーバーに外付けHDD追加!

_MG_0327 _MG_0328

_MG_0329 _MG_0330

_MG_0331 _MG_0334