さくらVPSの支払い区分変更!

今現在契約中のVPSは「さくらVPS
これの料金の支払い区分は毎月払いなのだが、年間一括に変更する事にした!

理由は、1年半以上使っていて満足した点、それから年間払いで料金が1ヶ月分安くなる点だ。

それとは別に、新しくVPSを契約しようと予てより計画していた。
コストパフォーマンスを考えれば、かつて「さくらVPS」の前に使っていた「ServersMan@VPS

エントリープランもワンコイン(467円 税抜)でかなりのスペックだと思う。
ただ・・・。

・前回使っていて不安定だった点(急に重くなったりとか)
・利用に明確な用途を見い出せない(バックアップ・実験の予定なのだが、不安定ではそもそもバックアップにならない・・・)

という理由から、実験に必要なら自宅サーバーで間に合っている。
なので契約を見送る事とした・・・

本当は、さくらの契約は1年使ってみてよければ年間一括にしようと考えていたが。。

コストパフォーマンスのコストだけじゃなくパフォーマンスもやっぱり大事やね~

image

image

終わりと始まり。契約!さくらVPS!!

早速さくらのVPS、「さくらVPS」を契約した!

その前に、dti@servermanのサーバーをスタンダードプランからエントリープランに変更しようとしたが、
どうやら上位プランへの変更ならともかく、下位プランへの変更するとサーバーが初期化されるみたいだ・・・
まあ、HDDなどのリソースが減るわけだからある意味当然か。。
しかし、だったらわざわざ使い続ける理由もないので解約した!
いずれ480円のエントリープランが必要な時が来るかもしれないが、
まあそれはその時で^^

そしてさくらのVPS「さくらのVPS 2G」を契約!
CPUは仮想 3コア、メモリは2GB(しかもservermanと違って保証容量じゃなく全て使える!)、
HDDはウェブサーバー用途くらいなら全然十分な200GB!

契約が完了して、まず早速OSをチョイスしてインストール!
標準ではCentOS6 64bitだけど、
32bitで十分(むしろ現環境がそうだし、メモリも4GB以下なので安定を求めるなら32bitでしょ)なので
32bit版をインストール!

インストールは、なんかJavaベースで開くコンソール「シリアル/VNC」を利用!
まるでvmwareのコンソールみたく扱えるので、ssh接続がなどで制御不能になった時(あとOSインストール時とか)はここから作業できる。

ここ最近、ずっとLinux系サーバーをおっ立ててたし、
それにそもそも自分のウェブサーバーを立てたばっかだし、
作業・管理表なども充実してきているので、構築はそう時間もかからないだろう。

ただ、やはり現自宅サーバーの特にウェブサーバーの調子が悪い。。
移行は急いだほうがよさそうだ。
運悪く、毎日のサーバーバックアップが働いていなかったので、
急遽取ってみたが、そこでまたダウン!(やっぱファイルシステム系みたいだ・・・)
無事バックアップも取ったので、後はそれを反映するタイミングだが、
サーバー構築も明日か明後日には終わるだろうが、やはり週末・土日がベスト、かな??

早く安定した環境構築を実現したいですね~^^)

一極集中型分散システムの敗北宣言!!

自宅サーバーの機能強化をしてきた「一極集中型分散システム
・・・

本日、敗北を宣言しなければならない・・・

ここ最近。
そう。
8/14の「懸念していたそばから一極集中の弊害!!」でサーバーダウンを引き起こして以来、修復・強化・改善に努めてきたが、
ここ最近起こるESXiのダウンに加え、gateサーバーの起動不能、ウェブサーバーのダウンとファイルシステムエラー(これは何度かe2fsckをトライしてヒヤヒヤ復活した)
などなど。。。

とても安定運用には程遠い・・・

それも一極集中が問題。。
1台のマシンで複数サーバー動かしてるので、
今回の問題は完全に特定していないが、ハードウェア系のエラーっぽいログがあるので、
しかもそこにダウンを繰り返してファイルシステムが壊れるとか多彩な障害が広がっている。。

よって、今後の安定運用のために、VPSを使う決断をした!
現在契約しているdtiのStandardプランを1コグレードを下げて(予備・補助サーバーにする)、
そして新規にはさくらVPSの2Gを契約しようかと思う。
月額1,480円ながら、メモリ2GBやCPU 3コアなど、スペック的にはかなりリーズナブルだ!(今年の3月にプランがグレードアップしたらしい)

自宅サーバーは、完全非公開の開発テストやストレージ的な扱いに格下げする。。

まあもう使わなくてもいいけど、・・・とりあえずなきゃやっぱ不便だしね。。

何はともあれ、これは自分にとっての自宅サーバーの4年半に渡る歴史を閉じる事だ。
そして旗揚げしたばかりの「一極集中型分散システム」の敗北宣言でもある。。
電気代性能比は、まだVPS以上のコストパフォーマンスがあるけど、
やはりハードウェアメンテナンスなどを考えればウェブサーバーは、
必然と今の時代VPSというふうになってくでしょう。例え個人レベルでも。。

そうなれば、この前作ったこの4万円クラスの自宅サーバーも、無駄なコスト・・・とまでは言いたくないが、
やはりそう言わざるを得ないだろう。。。。。

というわけで!

まずはVPSの契約から、
今年3度目?になるウェブサーバーの移転作業を早々に開始していこう!!

新PC購入計画!-自宅サーバー編(HDD追加

2.5インチHDDを追加したので、
改めて自宅サーバーのスペック紹介!

 CPU:Intel Core i3 2120T BOX
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C
 HDD:HGST HTS547550A9E384 SATA 500GB 5400rpm

39,140円だったのに、
今回2.5インチHDD・6,060円が追加されて、
45,200円!

本来光学ドライブ用のSATAにHDDに付けちゃいましたが、
さすがにもうドライブ類追加するスペースないかな?(一応SATAは2ポートまだ余ってるけど。。

メモリを今の倍である16GBまで増やせばより仮想マシンを動かせる!^^)
でもさすがにそうしたらCPUパワーが気になるかな~?

次の、いやその次にでるTDP35W以下のCPU出たら、
むしろまた乗り換えようかな~?

デスクトップPCはしばらく安泰だし、
この自宅仮想サーバーも安泰だけど、
こっちの自分のスペック要求とかはまだまだいろいろ出てくるかもしれないしね~^^)b

新PC購入計画!-自宅サーバー編

自分のデスクトップ新PC購入計画をしているが、今度は自宅サーバー(FOXCONN R11S4MI-BA奮闘記)も新しくしようと思ってます!

というのも、去年の年末の大掃除でCPUファンをやってしまったので・・・>< 実は、VPSに徐々に移行していこうと考えたが・・・

・・・方針転換!

今のAtom330からくる、省電自宅サーバーというコンセプトを捨て、ある程度高機能で高性能な自宅サーバーを用意する!

そんでもって、利用率が思ったほど上がらないServerman@VPSは、月額980円から480円プランへとダウングレードを検討する・・・(まあ、組みあがった新・自宅サーバーが安定した後に改めてそこは考えるが。。

さてさて。
肝心の新・自宅サーバーの構成は、今日3時間くらい悩んだ結果、

 CPU:Intel Core i3 2120T BOX
 ベアボーン:Shuttle XH61
 メモリ:CFD Elixir W3U1333Q-4G (DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組)
 SSD:ADATA AS510S3-120GM-C

という、しめて39,140円!
4万円サーバーですね^

コイツのポイントは、

 ・ある程度省エネを意識したAC90W電源とTDP35WのCore i3とSSD
 ・8GBメモリによるESXiでの仮想化運用を意識(運用経験値と、仮想化する運用メリット、その他のOSを入れるケースを想定
 ・2.5インチSSDを採用!(本当は3.5インチHDDにしようと思ったが、2.5インチしか使えないため、速度などを考慮した結果SSDにした

っていうとことかな^^
XH61のレビューの中でESXiを使っていた記事があったから、まあ多分使えるだろうけど、そーじゃなきゃ、そのまま使おう!(不安は、前回同様標準のネットワークアダプタのドライバがLinuxですんなりいくかどうかと、自分にとって初のSSDになるので、寿命とか耐久性とか、、かな?

実はもうついさっき、これを注文した!
だから後は届くのを待つのみ!
来週には届くかな~?楽しみ楽しみ!!

あと、今後IvyBridge登場による新デスクトップ購入に備え、インストールするOSも今回注文した!
DSP版Windows7 Professional 64bit(DSP版なのでUSB3.0のPCI-Eボード付き)

これで新デスクトップPC構築のカードも切って落とされた!
デスクトップ・自宅サーバー共に一新の年になる!!

いや、とにかくいろいろと楽しみだ!! 🙂