決断は早くに!「さくらのVPS(v3) 1G」の解約手続き

「さくらインターネット」で2台目に借りた「さくらのVPS(v3) 1G」を解約した!

理由は2点。

 ・3台目に借りたVPSに移行は全て完了済み
 ・別目的で残していたが、それが不可能だという結論に達した

という点だ。
なのでいつまでもランニングコストを払うわけにはいかない。
このサーバーを解約した。

現在使っているのは大阪リージョンだが、来年には石狩リージョンに変更したい。
というのもSSDが使えるのは現時点で石狩だけだからだ。
ま、その辺はコストパフォーマンスなども意識しないといけないが、
少なくとも来年にはそれを借りれるくらい、今のスペックを十分使うだけのものを構築せんと。
もっとも、パフォーマンスロスも大きいのでこれらの改善が大前提!

趣味から始めたサーバー運用もここまでくると、もっとより本格的に構築していきたいもんですな~

image

電撃アップグレードが効果を改善する!!

さくらVPSを1Gから2Gへアップグレードしようと即断してまだ24時間経ってないが、パフォーマンス面はロードアベレージを見ても改善が見て取れる! ※以前はほぼ1を上回っていた・・・

ま、実際、環境整備をいくらしても、実際に何をそこから生産できるかが本当の勝負!

image

決断は的確かつ迅速に、そしてリスクはヘッジする!

前々から考えていたが、1つの決断を下した。
それは、前回契約した「さくらVPS 1G」を「さくらVPS 2G」にアップグレードするという事!

もちろん、さくらVPSはそのままアップグレードできない。
追加契約して、そこに移植する事になる。

運用してきて、やはり1Gではパワー不足・スペック不足を感じた。
という事で、早速契約してセットアップする事にした。

現行の1Gについてはどうするか決めかねてるが、とりあえずこの2Gを契約する流れは正しい、と思ってる。
うん、決断は的確かつ迅速に!でも、失敗した時のリスクも十分考慮!

image

※9/6 3:56に一通りサーバー構築完了。 ※まだ構築箇所は残ってるが、概ね4時間で移行完了

HDDのコピーがまだ終わらない・・・

3TBから4TBへのHDDコピーがまだ終わらない・・・
もう丸一日たったはず。
2.3TB中、現在1.8TBまでコピーしているので、残りは500GB。
う~ん、やはり同じスタンドで、USBケーブルが共用なのが遅い原因の1つだと思う。

ま、朝までには終わるかな?
でも別に自宅サーバーだから、電源も切らないし、睡眠も必要ない^^ので終わるまでほっとこう~

image

2つのHDDに関する決断・4TB時代の幕開け!

4TBのHDDを注文して本日届いた!
カカクコムで調べ、ノジマオンラインで注文しました。

さて。
今年、3TBを買ったので、とりあえずもう問題ないかと思っていたが、予想以上にHDDの容量を消費した。
まあ、マスターバックアップとして使っているので仕方ないか・・・。

しかし、このまま行けば枯渇するし、何より仮想マシンを作成した際に、容量がでかいのでバックアップが取れなくなってしまう。。
そこで決断!

4TBのHDDを購入する事にした!
前回の3TBでも迷ったが、、まあそこは判断ミスと言えるかもしれない。。

それからもう一つの決断。
WesternDigital(ウエスタンデジタル)のHDDを購入する事にした!
実に10年ぶり??

というのも。
その10年くらい前、WD製のHDDがよく壊れた。
3台位、1年もったかもたないか・・・。

それ以来、WD製は一切購入しなかった。
最も、外付けHDDとかレコーダーのHDDはWD製もあったかもしれないが。。

今回、購入を決意!
理由はコストパフォーマンスの面がまずあったが、自分がよく購入しているSeagate製。
エラー率を各社比べた記事を読んだが、こちらの方がエラー率が高い!(1年経つと増えていく)
それから、他の方々のWD製レビューをいろいろ見たが、どうやらあの当時と比べて改善しているというものも発見した。
まあ、真実は良く分からないが、とりあえず10年経ち、WDも買収を繰り返して世界ナンバーワンシェアを誇るようになったわけだし、今回使ってみようという気になった。
それに用途が、マスターバックアップなので、仮にHDDが飛んでもオリジナルデータは残ってるのでそれほど問題にならない。
ま、その辺は他のメーカーのHDDにも言える話だが。。

WD 内蔵HDD Green 4TB 3.5inch SATA6.0 64MB Inteilipower WD40EZRX
[amazon asin=”B00F0EIJE0″][/amazon]

こちらを購入しました。
WindowsとLinux(CentOS)でS.M.A.R.T.のチェックを見ましたが問題なさそうです。(逆にあったらおっかなすぎだが^^)

とりあえずフォーマットして、3TBのデータを全て4TBへ移します。
うん、3TBのHDD。
余ったコレはどーしようか^
ま、使い道はいくらでも見つかるか^^

DSC_0617DSC_0618

DSC_0621DSC_0623

image

image

VPSの負荷状況チェック2014.08

先月、追加契約した「さくらVPS」。

MuninでLoad Averageを比較すると、元々のサーバーの負荷が下がったのはいい傾向だ。
しかし問題は追加サーバー。

負荷が上昇している・・・。
これはどうしたものか・・・。

結局分散した一方の負荷がそっちにいっている形だ。
もちろん、ここ1ヶ月でウェブサイトのアクセス数上昇がそれを後押ししているのだが。。

いっそ、2Gを契約し直すか・・・
いやいや、チューニングを試すほうが先だろう。

来年にはSSDのVPS乗り換えも検討していたが、もっと早い段階で決断の下さねばならない日が来るかもしれない。。。

■さくらのVPS(v3) 2G
image

■さくらのVPS(v3) 1G
image

2つのVPSと仮想ホームサーバー時代

自身の管理するサーバー環境が大きく変わった。

まず先月リニューアルしたのが自宅サーバー。
PCパーツを買い揃え組み直し。
OSもESXiからCentOSとVMwarePlayerの組み合わせに変更。
仮想ホームサーバー「自宅サーバー2014」となった。

次にVPS(Virtual Private Server)。
この前、さくらVPSを追加契約した。

VPSは最初はServersManから始めた。
自分のこれまでから現在までの経歴をみれば、

★VPS契約歴

 1. ServersMan@VPS Standard
  期間:2011/10/30 – 2012/09/30

 2. さくらのVPS(v3) 2G
  期間:2012/08/28 –

 3. さくらのVPS(v3) 1G
  期間:2014/07/05 –

とこんな感じだ。
ちなみに、VPSの利用料は、

 さくらのVPS(v3) 2G ・・・ 年間一括払い:16,745円(月額:1,396円)
 さくらのVPS(v3) 1G ・・・ 毎月払い:1,008

従って2台合わせて

 月額:2,404
 年間:28,848

という事になる。
コストが増加した分、つまり、これだけのコストに見合うパフォーマンスを得なければならない。
具体的には、商用利用を見据えた検討だ。
といっても、今直ぐどうこうというワケじゃないが、
より自身の運用技術も磨き、自身を高めていく契機にもしていきたい!

来年からは本格的にコンテンツ・システム制作をやっていきたいので、
今からその準備をしっかりとしていかないと!

image

サーバーの分割完了!

「さくらVPS」を追加契約して、すぐに構築を行った。
そして本日、サーバーの分割が完了した!

以外に早く終わった^

もっとも、当初予定だった3分割ではなく2分割。
オマケに主要な部分は分割済だが、まだ分割できていない部分もある。。

それはこれからの課題だが、目的は大いに達成した!

もっとも、ハードウェア的なテコ入れよりも、
今後はソフト面やチューニングがより重要になってくるはず。

それから・・・。
追加コストに伴うVPS継続の判断は1年後。
1年間の運用で評価をし、それが追加コストに見合わないなら契約を更新しない。
だからこそ、これからの運用がより重要になってくる。

1年後はシステム縮小化、あるいはシステム増強なのか。

自分自身が納得できるよう、悔いが残らないよにやってきたい!

image

image

追加VPS契約と新規仮想ホームサーバー

賽は投げられた。

さくらVPSをもう1台追加で契約した。

 ・さくらのVPS(v3) 1G

追加VPSをさくらにした理由はいろいろあるが、
最大の理由といえば「ローカルネットワーク」が使えること。

VPSサービスのネットワーク設定でスイッチを作成し、
それを各VPSのeth0と接続し、OS上でeth0の設定を行う。
そうする事で2台VPSが接続可能になる!

それからもう一方のホームサーバー。
これに外部公開用で新規仮想マシンをインストール。
今回のVPSと合わせて2台同時にセットアップをし、
現行のVPSサーバーの機能を3分割する!

何とか明日までには終えたい~

image

image

image