自宅の無線LAN速度、ちょい改善?

部屋の配置転換をするに辺り、無線LANルータの位置も変更。
場所的には偏りなく、高い位置へ変更。

スマホでも電波状況の改善が見られた!

DSCN0688

※11nの40MHzで最大300Mbpsの仕様。鬼早い!!!?表示は・・・バグ?!
imageimage

「Wake up On Lan:WOL」体制確率!

デスクトップPCの「Wake up On Lan:WOL」をオンにした!
これのマザーは「ASUS P8Z77-M PRO
PCIEによる電源ON」を有効にして、
NICのMACアドレスをメモってマジックパケットの送れるソフトで起動!

成功したので、これで自分の自宅サーバーから、
自宅のデスクトップに電源入れたいときにできる^

そういえば、ルータ経由でマジックパケット送ることも確か、できなかったかな??

DSCN3380

image

自宅Wi-Hiが異様に遅い・・・

最近自宅のWi-Fi、無線LANが異様に遅い・・・

以前計測したデータと較べても明らかに遅すぎる・・・
 スマートフォンライフ[14]:3G回線 vs 自宅Wi-Hi

ちょっと設定とかいじってみようかね~?

image image

【踏み台】ウイルス感染による誤認逮捕

今日のNHK19:00のニュースでもトップで取り上げられていたが、
自分のPCが第三者に乗っ取られれて、
その乗っ取られれたPCから犯行予告の書き込みを行われて逮捕される事件が発生した。

まあ特段手口が新しいわけでもないが、
スマホなどのネットワークを介したITツールが普及する現代において、
情報セキュリティやリテラシー(情報を使いこなす力)はもはや必須と言えましょう。

まあ、そんな難しいことじゃない。
基本的には、

 ・セキュリティ対策ソフト(ウイルス対策など)を入れる
 ・怪しいメールの添付ファイルやURLはクリックしない
 ・怪しいサイトにはアクセスしない
 ・怪しいソフトはインストールしない

などがあげられる。

まあ問題は、何が怪しいのか?判断つきにくかったり、
勝手に誘導されたりしたら意味が無い。。

そこで基本はやっぱりセキュリティ対策ソフトを入れること!
というかこれは必須!!!

あんまりお金を掛けたくない人には、
無料の対策ソフトとして、

 ・avast! Free Antivirus
 ・AVG Anti-Virus Free Edition
 ・Avira AntiVir Personal

等がある。(参考先:無料ウイルス対策ソフト一覧 – フリーソフト100)

ウイルス対策ソフト入れてない人は絶対に入れましょう!

ESXiのUSB不安定は再起動で・・・解決???

ESXi上の仮想マシンで使っているUSB HDDが不安定だった。
全てのマシンでってわけじゃないが、以前いくつかファイルシステムエラーが出たり、
コピー中に固まったりと・・・

幾つか不可をかけたら、ESXiが止まった。。。
先月は何度かあったけど、ウェブサーバーをさくらVPSに移転して以降起きなかったのに・・・

多分だけど、ESXi、もしくはハードウェア的なエラーが、
このホームサーバーに内在しているのだと思う。

可能性が一番高いのはESXiだと思うので、
折を見て再インストールするつもりだ。。

Redmine設定中!

Redmineのインストールを終え設定実施中!
各種初期設定後、プロジェクトを追加して、
さらにリポジトリを設定!

これできっと開発効率も上がるはずだ^^)b

ちなみに、今回のRedmineは公開用のVPSではなく、
非公開の自宅サーバーにインストールした。
そのため、ドメインを設定する必要があるんだが、
ezic.infoのサブドメインを振ることにしたが、
VPSと違い自宅はIPが変動するからダイナミックDNSにする必要があるので(まあ先月までそーやってたし^)、
ezic.infoのDNS設定(お名前.com)を変更!
自宅用のサブドメインに対して、NSレコードをMyDNS側に設定し、
MyDNS側では自宅用のサブドメインを設定して自宅サーバーからIPを定期的にアップデート!(いわゆる権限委譲ってやつね^)

ま、いろいろRedmineの運用方法も考えるにして、
とりあえずはこんなもんかね~

image

image

wgetでバックアップを取得!

VPSからのバックアップは結局wget使ってhttp経由で取得!
帯域制限をかけ忘れたので、VPSリソースをみつとかなりのトラフィックが発生している!!

まあ、だからこそ夜中に実施したわけだが、
次からは帯域制限を掛けて差分を持ってこよう^^)

image

VPS、サーバーからのバックアップ取得の課題

今まで自宅サーバーだったので、サーバーのバックアップは基本サーバーからNAS上にコピーしてきたが、
VPSの場合はそこから取ってこなくちゃならない。。

いろんな方法が考えられるが、
いずれにせよかなりのトラフィック帯域を食う。。

なぜなら、圧縮したデータでも5GBを軽く超えているから・・・

まあ一回全て取った後に、差分でって話もあるが、
いずれにせよこれらを自動化したい。。。

ただ、

正直FTPやVPNをオープンさせたまま自動化はあんまりやりたくない。。
いっそサーバーから取るのではなく、サーバーから自宅へ送るようにするか?

・・・

うまい方法が見つからない。。。

まあ圧縮したDBだけならこの前の実験でも1.1GBが83MBなので、
ファイルの更新もそんな頻繁じゃないから、・・・
しばらくは手動で取りながら自動化には何をどーしたらいいかちょっと考えてきたいですね~

ホームサーバーと公開ウェブ(VPS)サーバーの使い分け

「さくらVPS」への移行も順調に終わった。
さて、次の課題として、ホームサーバー(自宅仮想サーバー)への対処。

ウェブサーバーが移った今、自宅サーバーを24時間稼働させる必要もなくなったが、
なんせ仮想サーバーなので、ただ電源入れればいいってわけじゃない!
一回ESXiを起動した後、「vSphere Client」で各OSを起動しなきゃならないのがちょいとめんどい。。(もしかしたらESXi起動後に自動で仮想OSも起動する方法あるのかな??

まあ何にせよ。
自宅サーバーの一時解体というかESXiの再インストールは必須。
てかSSDとかハードウェアのチェックも必要かな??

ただ。

まあそれは先にしろ後にしろ、
問題はホームサーバーをどう扱うかだ。。

今は開発・NAS用途。
ウェブサーバーのバックアップ用途として構築しようとか、
使い道は・・・まあいろいろあるかな??

ただ。
VPSとの使い分けも大事。

Redmineをインストールしようと考えているが、
まあ筋として?ホームサーバーなんだろうけど、
でもいっそ開発の一部、SubversionもVPSに移そうかな?とかも検討。。
まあできるだけ、VPSは純粋な公開ウェブサーバーにしたいが、
なにせストレージが200GBもあるんだし、他の用途にも欲を言えば使いたくなってくる。。

もっとも、だからといってやっぱVPNやFTPでさせ、
できれば常時余分なものはVPSで起動させたくないのが本音だけど・・・

まあこの辺はいろいろ試行錯誤しながらかな?

本気でいろいろ取り組みたくなったら
それこそ解約したDTI@Servermanの490円エントリープランも有りだしね。。

しかし話は変わるが、グローバルIPがあるとわざわざダイナミックDNSを考えないで済むのがいいね^
個人的にはダイナミックDNSシステムを開発予定に入れてるけど^^)