山崩れ対策の工事 2nd

今年の春頃、家の裏の「山崩れ対策工事」が終わったが、また先月11月より残りの部分が再開された。

あまりに忙しくて、こまめに変化を写真で撮れなかったが、まだ20日ほどで驚くべきスピードで工事が進んでいた。
すっかり元の面影がなく、人工的な景色に塗り替えられようとしていた。

そして、かつて放し飼いしていた金魚の小池もいつの間にか埋まっていた。。
まあ、金魚はいつぞやの台風の時に池が溢れて逃げていってしまったが。。。

裏庭の山が削れて、スペースが生まれた。
そして更に今回スペースが生まれ用としている。
せっかくだから何か有効活用しなきゃいけないだろ??

うーん、、考えておこう。。

DSC_0028DSC_0030

DSC_0029DSC_0031DSC_0032

祖父の一周忌

本日は祖父の一周忌だった。
命日は天皇誕生日と同じなので明後日だが、早くも一年経ったということだ。

いろいろ感慨もあるがふと思い出す。

サイエンスに、人間の体感時間は、5歳と35歳で7倍違うという。。
つまり、大人にとっての明日は、子供にとって一週間にもなるらしい。。。
ま、いくらなんでもそこまでは?と思うが、こうして一年を短く感じることは、年を取った証拠とも言えるかもしれない。

自分にはいくつかの人生の節目における目標があって、今年から次の3年は1つの区切りになる。
まあ、少々人生設計に修正が必要なようだが、、まあ区切りってのはこうした行事を終えて実感するとも言えよう。

来年からまた一つ仕切り直しかな。

DSC_0039

なかなか酔い潰れない…

一昔、というか、ほんの数カ月前までアルコールはほとんど取らなかったが、ここ最近は飲酒の量が増えている。。

別にお酒飲む事が好きなワケじゃない。。
別に飲まずにいられないワケでもない。
…寒いからかな??

忘年会もあって、酒量が増えているが、なかなか酔い潰れる事がない。
酔いつぶれて気持よく眠りたいときには、アルコールの強さはコストが掛かるとも言えるかな。

もっとも、どんな場所でどんな騒音が起きても基本寝てしまうタイプなので、眠れない夜に悩むことはないのだがね。。。

DSC_0016

かつていた場所を振り返れば、、、

ここ最近の激務から昨日は少しだけ余裕があった。
所用があり、呉服町へ久々に行った。

青葉通はイルミネーションに彩られ、今年もまた終わるのかという実感が湧いてきたが、それはともかく、時間が空いたので、呉服町のTSUTAYAで暇潰しする事にした。

本を眺める。
そう言えば、最近本を買うことも読むことも少なくなった。
忙しいも理由にあるが、職業プログラマーをやめて、特に専門書とか読まなくなったから。
まあ、既に一通りの書籍は揃えたので買わなくなったとも言えるんだが。
マンガも、ずいぶん読んでなかったものが、もうこの巻まで出てるんだなとも思った。

書店を見渡せば、思う所がある。
特にIT関連書籍。

懐かしさを感じる。
ちょっと前まで自分が長年いた場所だ。
別にそこに未練があるわけでもないし、職業エンジニアはホント正直懲りた。。
何より、若い内の目標だった、欲しかったエンジニアとして必要なスキル・知識は十分に習得している。
だから、それ自体に未練はない。

しかし、一つの感慨が生まれてきた。

そう言えば、最近 趣味でやってるプログラミングやブログの更新があまりできてないと。。

そう思った瞬間、他にも自身がやりたかった個人的な事が何もできていない事に気がついた。
まあ、今は仕事どうにかしなきゃならないし、その事自体は苦痛でもないし、プライベートを潰してもいいと考えている。
しかし、だからといって・・・という訳である。

要は、自分の時間の使い方をもっと上手くすればいいんじゃない?とも言える。
まだまだ堕落しながら過ごすこともしばしばある。
まあ、堕落ではなく休息とも言えるんだが^

かつていた場所を振り返ってふとそんな事を思った。
これからは時間の使い方がポイント。
そのためには、生活改善から少し始めていかんとならないかもしれない。。。

1418467676848

間もなく4年間の歴史に幕を閉じる、、閉じたいのだが・・・

先月とちょっと前にも書いたが、本ブログを閉じようと思う。
そして来年より新規スタート!といきたい所なんだが、、その準備が思うように進まない。。。

ここ最近、仕事が激忙しいため、思うように物事が進まない。

まあ、それも仕方ない事だと割り切るしかない。

時間というのは本当に貴重だ。
砂時計のようにひっくり返せば戻るものでもなく、秒針の律動も留まることは許されない。

回りくどいが、要は時間の使い方はホントに大切にしろって事かな。。
だから、自分がこうだと決めた目標、少なくとも自分の個人的な趣味くらいはキッチリ思うように物事を進めていきたい!

_MG_9464_w1920