前回Fedora17上での開発を断念してWin7での開発に切り替えたが、
やはりWorkspaceをサーバー上に置く以上、かなりなボトルネック(特にSubversion)で発生する・・・

なので、仕方ないので、仮想Windows7を開発環境にし、さらにそこにサーバーを立てた!
さっき書いた記事にある「XAMPP(ザンプ)」をインストールしてね。

というわけで、「Eclipse 3.7 on Windows7」は変わらないけど、
Eclipse 3.7 on vmWindows7 server by vmWindows7」になった^^

正直これは最終手段。
Linuxサーバーで運用するから、できれば開発環境も統一したかった。。
実際、.htaccessでOS間の差異!??が発生しているし。。(LinuxとWindowsで「php_value include_path」が違う!?)

まーでも。
これでクロスプラットフォームに強くなる!!?って考えればいいか^^

本当にこれでよーやく開発環境が落ち着きそう~

-P.S.
 話は変わって、XAMPP(ザンプ)。
 個人的にはあまりいい印象持ってなかったけど、使ってみてこの便利さはすごいや!
 まあ開発用途に使うには手軽で悪くない。。
 何事も食わず嫌いはいけないってわけね~

image

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。