昨日の夜からトラブっていた、PHPとZendとSVNを用いた開発。
今まで右往左往していたのは、

 ★ケース1
  開発サーバー:自宅サーバー
  開発環境:仮想Win7

  Subversiuonが遅い!(workspaceがネットワークドライブだから)

 ★ケース2
  開発サーバー:仮想Fedora17
  開発環境:仮想Win7/実マシンWin7

  やはりSubversiuonが遅い!!

 ★ケース3
  開発サーバー:仮想Fedora17
  開発環境:仮想Fedora17

  Subversiuonが問題ないが、Eclipseが使いづらい・・・(必要なプラグインがLinux版でなかったり、操作とかが慣れなかったり・・・)

 ★ケース4
  開発サーバー:仮想Win7(XAMPP)
  開発環境:仮想Win7

  昨日の通り、メール送信がなぜかいかない!!!(ちゃんとxmailログでもtelnetでもOKでているのに・・・><

そんなわけで、結局、

 ★ケース今回
  開発サーバー:自宅サーバー
  開発環境:実マシンWin7

  という風にもどってきた!
  問題のSubversiuonだが、これは今まで、zend毎svnに入れていたため、かなりな容量になりそこに問題があった!
  丸ごと一式と考えていたんだが、やはりバージョン管理の点において全くの無意味!!!(自分で手をいれるわけでもないし!
  というわけで、この部分をバッサリカット!
  まあ、ネットワークドライブ + SVNが早くなったわけじゃないが、これで開発に困るレベルでなくなったのは確か。

メールも当然無事送信でき、まあ当初の通り、開発環境と公開環境が一緒という目的も達成できた!
Zendで作ったシステムの修正もわりかし骨を追ったが、これでよーやく開発体制も整った!!(何かいつも同じ事いってるような。。

image

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。