ESXiで運用している自宅仮想サーバー。
本日未明、自宅に帰宅したらダウンしていた!!

なんでだろ?

vShpereClientで見たら、サーバーのディスク容量不足になっていた。

??あれ???
そんないっぱいだっけ??

調べてみたら、ESXi上のデータストアにあるvmdkファイルが最大限まで肥大化している!!!

いろいろそれを調べた。

どーも仮想ディスクは、基本的に肥大化する一方で、仮想ディスク内のファイルを削除したところで仮想ディスクのサイズは小さくならないらしい・・・

全く想定外だった・・・

仮想ディスクをコンパクトにする方法がいくつかあったが、
そもそもコンパクトするためにOSが起動できず、
データストア内に不要なファイルを削除しても起動には至らない・・・

・・・

仕方ないので、120GBのSSDではなく500GBのHDDに移して起動する事にした。

まあそれが大変なんのって!

コピーに時間がかかる!
思ったよりも全然スムーズにいかない・・・

有事の際の仮想システムなのに、これはちょっと考えなきゃいけないかもしれない・・・
まあ結果問題なく復旧しているけど、スムーズに復旧するための体制が整っていない!!

ちょっといろいろと本当に考えないと。。。

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

1 Trackback or Pingback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。