富士山はいつから登ろうと思っただろうか・・・

写真を撮りに宝永山入り口まで行った時から?
富士山に魅入られた時から?
静岡県民として生まれた時から?

まあ、今となってはどうでもいい事だ。。

とある夢とも言えない、とある約束とも言えない
何かを語ったかつて。
確かに「いつか頂きを目指す」と誓った言葉。

その誓いの成就を、伝える事はもうないだろうが、
それでもこうしてどこかに書き留める事で、
いつか伝わる事もあるかもしれない。

登山リベンジによってようやく一つの区切りを終える事ができた。
今月迎える31の手前で達成できた事も何より。(ホントは20代ラストが良かったが^)

次は時間制限の区切りが待っている。

2014年7月が一つの区切り、になるのだと思う。

そうなるともう1年、365日もない。

実を言えば、別にそこに区切りを置く必要はない。

でも、目標を設定したら、同時に時間制限も大切だと思う。
ダラダラと過ごさないためにも。

その期限内に、いくつかやることがあるが、
一つあげるとすれば、次回の登山。

暗闇の下山中は、正直もう二度と登りたくないという思いが支配していた。

でも、別の想いもある。

剣ヶ峰とお鉢巡りができなかった事。
いろんな人に助けられ、励ましてもらった事。
何とかの及第点で、100点満点には程遠かった事。

これらを克服するために、
この一年間は鍛える必要があると思う。

そうしたいくつかの目的、目標を達成するためにも、
次の一年を過ごして行きたい。
今回の登山で、かなり困憊したが、同時に精神力もかなり鍛えられたと思う!

とりあえず、間もなく訪れる31になる前に、
目標を決めておこう!

★富士山火口
image

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。