セットしたブルーレイドライブ!

そんな中、一つの問題、一つの過ちを犯してしまった・・・

ブルーレイ導入の際には、ブルーレイメディアに対しても入念な調べをしていた。

長期保存の条件として、

 ・国内メーカー
 ・国内生産
 ・無機メディア

を基本に考えていたのだが、
購入した太陽誘電のメディアはLTH TYPE

つまり、有機メディアって事になる・・・

簡単に言えば、有機メディアはCD-RやDVD-Rと同じ、記録面に有機色素を使用したもの
それに対して無機メディアはDVD-RWやDVD-RAMと同様に各種金属を中心とした無機材料をしようしたもの。

両者の簡単な特徴は、

■無機メディア
 ・有機系より紫外線などによる劣化に強い(すなわち長期保存向き)
 ・ディスクのコストが若干割高

■有機メディア(LTH)
 ・DVD-R等の既存の生産ラインを使用できるためコストダウン可能(2008年登場当初はLTHの方が高かったですが)
 ・無機系より紫外線などに弱い(すなわち長期保存向きではない?)

って事らしい。。

自分は未だに、あんな12cmのディスクに25GB/50GBも記録するディスクが、正直信用ならないと言うか、おっかない。。

だって、ハードコート技術などが発達したとはいえ、もともとBDメディアは指紋などに弱く、登場当時はカートリッジをかぶっていたほど。

だからこそ慎重にメディア選考をしていたのだが・・・

やってしまった!!!>< まーでも。。 BD-R LTHでも太陽誘電の回答は20年は大丈夫らしい・・・(まあ、保存状態にもよるだろうし、それを信じられればだが。。 ただ正直な所。 無機だろうが有機だろうが、まだ理論的な寿命はともかく、実際の寿命はよくわかっていないのかもしれない。 ここ数年で普及したわけだし。 それにドライブとの相性も大事らしい。 いずれにせよ。 無機だろうが大事なデータは二重以上のバックアップを取る必要があると思っていたので、 今後ももしかしたらLTHで済ませるかもしれない(あるいは、重要度の高いのには無機を使うとか。 永久保存可能なデジタルデータ。 ただ、データは劣化しなくても、データを入れる器が劣化するのでは、器を変えるときなどにいわゆる俗に言うデジタル劣化??が起きてしまうのは避けられないのかもしれないですねー ・・・って、ちょっと神経質になりすぎたかな???^^) DSCN2780

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 
http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。