「自ずからに由る(おのずからによる)」とは、福沢諭吉が英語の「フリーダム:freedom」「リバティ:liberty」を自由と訳した仏教用語。

自由の意味は広辞苑によれば、

———-

 [名・形動]
 1. 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。「―な時間をもつ」「車を―にあやつる」「―の身」
 2.勝手気ままなこと。わがまま。
 3.《 freedom 》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。

 4.法律の範囲内で許容される随意の行為。

———-

という事らしい。。

自由な生き方ってのは本当に難しい。

長年追求してきたが、時間や年齢が上がるたびによりそれを実感する。。

時間の経過がそれを許さなくなる?

いや、。

積み重ねてきた生き方次第でそれが許されなくなるのかもしれない・・・

もし、コレだ!と思えるものに全力投球できるものに出会えたら、

そこで初めて心が自由だなと感じることができる生き方に巡れるのかもしれないですな。

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。