仮想化された自宅サーバー。
昨日はスナップショットでバックアップ!うんぬんやってたが、
それは良くないので、外付けHDD(USB2.0)を付けてそこに主要ファイルのバックアップを取る事にした!

今、旧サーバーにUSB HDDが二台接続されていて、
その内の1台を仮想のサーバーに接続!

まあ、いろいろトラブル(Linux起動時にHDDの「check forced」をスキップするには)もあったが、旧サーバーのバックアップシェルスクリプトを移してパスを変更して完成!

実行してみると、なかなか快適!
uptimeで3.2ぐらい負荷がかかっているのが確認できるが、
ウェブ見たりしても全然負荷を意識しない!
以前のサーバーは本当に重かった・・・

とりあえず、この2台の外付けHDDはsambaで共有して普段も使っているが、
仮想の方で安定して使えることを確認したら、もう一台の旧サーバーのHDDも移し、
それで旧サーバーの役割は完全に終了となる!(正確に言えばDiCEが残っているが、あれは重たいので既に代替案を仮想サーバーに導入済み!なので、DiCEは移さないー)

いやはや、感無量といったところ^^)

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

1 Trackback or Pingback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事へ
«