イングランド vs ドイツ。
1 – 4でドイツが圧勝した!

イングランドにまた因縁を残した試合となった。

ドイツは力のあるチーム。
僕も今日の試合ならドイツに分があると思っていたが・・・

前半にあった幻のゴール、疑惑の判定が歯車を狂わした可能性は大いにある!
あれがなければ 2 – 2で前半を折り返せた・・・

組織力がウェイトを占める現代サッカー。
ゲームプラントいうのがきっと大きく左右したはず。

後半攻めなければならないイングランドにとって、ドイツ相手にそれはリスキーな事に違いない。。

かつて、Jリーグでシルバーゴール方式の延長戦で、延長30分で4,5点取られたチームもあった。
攻めなければ負けるから、バランスや守りを疎かにしても攻めるしかない・・・

それが今回の結果を必ずしも生んだとまでは断言できないが、やはり言わずにはいられないだろう。
特にイングランドにとって・・・

最近とある記事を読んだ。
その人は、日本のメディアは甘すぎるって書いていた。

強豪国のメディアではカメルーン戦、オランダ戦のような試合をすれば批判がでて当然と言う中、日本のメディアはこぞってサポーター視線でろくな批判もせずに健闘のみを称えると・・・。

確かに歴史的な勝利や手応えを報じるのは悪い事じゃない。
意味のない行きすぎた批判もよくない。。
ただ、、。

今日のイングランドvsドイツ戦をTVで見ていても、誤審に対して何か他人事のような気がする。

これがイングランドじゃなくて日本だったら!?
4年間ワールドカップのために必死に練習してきた選手の気持ちは!?

サッカーというスポーツを真剣に考えているのなら、もっとこの事に対して怒りがあってもおかしくないはず!
それが日本のメディアから見られないのは残念な気持ちになった・・・

再三システムを導入してこういう誤審がなくなる事は言われているが、中々実現しない・・・。

人間はミスをする。
それはどうしようもない事。

じゃあ、ミスをしないために、少しでも減らすためにはどうすればいいのか!?

僕はサッカーの専門家じゃないから偉そうな事は言えないが、ビデオ判定はサッカーのスピーディーさを損なうというのであればそれは仕方ないにしても、ゴールを割った瞬間に分かるようなシステムはあってもいいと思う。

そうしたサッカー発展のためにも、メディアはやはりその役割を買う必要があるんじゃないだろうか。
もっとも。
明日以降、そして大会が終わればまたこの問題は大きく取り上げられるでしょうけど。。

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

Comments are closed.