先日、サーバーのPHP(ピーエッチピー)のバージョンを5.2から5.3に上げました!

PHPとは、簡単に言えばサーバーで動作するプログラム(スクリプト)の事ですね~
PHPを使ってHTMLを生成し、HTMLをInternetExploerやFireFoxといったブラウザが解釈して、文字や画像が見れるんです^^
まあ、そんな技術解説はどうでもいいですが~ww

実は実は。
先ほど紹介したXOOPSなどの多くのCMSはPHPを使って作られているんです!
だから、サーバーにはPHPがないとXOOPSは動きません><

まあ実は今回のサイト構築にあたって、冒頭で述べているPHPのバージョンアップが尾を引いてるんですわ~~~

最初、サイト構築に当たってXOOPS Cube Legacyを採用しようと思ったんです。
これはいくつかあるXOOPSのバージョンの一つだと思って下さい。

XOOPS Cube Legacyのインストールを進めると・・・

「うまくいかない!?」

どうも原因は、PHP5.3にあるようです(問題点と対処方法は公式サイトにも載ってます。

ただ・・・。
いちいち対処するのもめんどくさいので、じゃあ別のCMS使ってみよう!って気になったんですね~

その次に使ったのがImpressCMS

これもXOOPSから派生したCMSです!
だからXOOPSと互換性は高いです!

無事にImpressCMSのインストールが終わりましたが・・・

・・・
・・・
・・・

「ブロックの新規作成」ができない!?画面が真っ白!!?
これがPHP5.3のせいなのか解りません・・・
だけど・・・
画面は真っ白でエラーが出てる・・・
検索しても原因が解らない・・・

だから断念。。

次に使ってみたのが、バージョン2.4系のXOOPSです!(XOOPS 2.4系!?)

これはうまくいきました!

ただ、XOOOPSにインストールするモジュール(今回の場合、画像を管理する機能:myalbum-p)がうまくインストールできない・・・
以前のXOOPSやImpressCMSではできたのですが・・・

原因は文字コードでした^
まあすぐに文字が化けていた時点で気づいたのですが^^

文字コードとは、コンピュータ上で文字を表現する方法ですね~
日本語では代表的なものは、ISO-2022-JP,EUC-JP,Shift_JIS,UTF-8があります^
一般的にwindowsで使われている文字コードは「Shift_JIS」なんですが、近年ではウェブの世界ではUTF-8が主流なんです~

だからインストールしたモジュール「myalbum-p」の文字コードをUTF-8に変換して再びXOOPSにインストール!

無事完了しました^^

まあ、こんなのは全然大したことないんですが・・・。
以前の自分なら文字コード一つでしっちゃかめっちゃかしていたのに、これくらいの事ならある程度問題なくつまずく事なくできている自分がちょっと成長したかな~って実感w
まあ、一応まがりなりにもシステムで飯を食っているわけでw
まだまだ勉強足りないし、この程度くらいこなせないようじゃどうしようもないけどww

とにかくよかったです^ :smile:

次回は最後に、PHPで使う「画像処理ライブラリ」についてちょこっと紹介~


CMS選定
 ├CMS選定 – 1.選定から構築までの道のり~
 ├CMS選定 – 2.PHP5.3の壁!?
 └CMS選定 – 3.画像処理ライブラリ

—————————————————————————————————-
★EZiC RSS
 http://feeds.feedburner.com/ezic

★マサのライフノート
 http://feeds.feedburner.com/ezic/masa
—————————————————————————————————-

スポンサードリンク



★RSS配信中!
 よろしければ購読をお願いします!:RSS配信

★トラックバック

1 Trackback or Pingback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。